新聞コラムでの「外出と授乳」問題

先日対談したジャーナリストさんから

「公共の場での授乳の話題が盛り上がってますよね」

と連絡いただいたので、そのお話をしたいと思います。

(長文です)

先週の朝日新聞の「声」欄に、23歳の大学院生(女性)から

「店内での授乳に、戸惑う」という投稿がありました。

 

飲食店でアルバイトしている彼女からの投稿は、

お店に入ってきて授乳するお母さんたちに対し、

「ケープなどで隠しながら授乳する人も多いが、それでも目のやり場に困る」

「私は出産や育児を経験したわけではない」

「怒られるかもしれない。でも、授乳は授乳室でしてほしい」

というものでした。

 

この投稿に対し、さまざまな議論がネットを賑わせているそうです。

多くの母親たちは

「その場で授乳せざるを得ない状況もある。そんな風に言わないでほしい」

と言います。

 

今日はたまたま、日本助産師会の方々とこの話題になったのですが、

その助産師さんも私も共通するのは、「この23歳の女性を責められないと思う」ということでした。

 

なぜなら、子育てや授乳が身近になかった人にとっては、

授乳中の人にどう接すればいいのかわからない、というのは

ある意味当然だからです。

そして、その「子育てや授乳が身近になかった人」というのは、

今の日本で、決して少数ではないでしょう。

 

実は10年ほど前にも、同様の議論にコメントをしたことがあります。

その際も、レストランでの授乳に違和感があったと問題定義をしたのは若い女性。

 

それに対して、一番多かった意見は

「子どもが小さい頃くらい、外出をがまんするべきでは」というものでした。

 

次に多かったのは、赤ちゃんが母乳を飲むのは当然の権利だから、

どこででも堂々と授乳し、周りが気を使うべきという意見でした。

 

どちらも極端ではないか、という感想を抱かれる方も多いのではないでしょうか。

 

これら多数派の意見に対し、少数ながら

「隠してるんだからいいんじゃないの」という意見

(それに対し「いやでもケープは上からのぞくと見えるから危険だよ」という意見もあり)。

 

中には

「授乳そのものは見えなくても、授乳していることがわかるだけで気持ち悪い」という声、

さらには

「授乳するだけでこんな風に大騒ぎになるなんて。将来母乳育児はしたくないと思った」

という、いずれも若い女性の声もありました。

10年近くが経って、たいして状況が変わっていないことに、力不足を感じます。

 

実は私も、授乳服のことをラジオで話した時に、

「子どもがいない人の気持ちも考えてほしい」と言われたことがあります。

こうした公共の場での授乳の問題も、

たとえば、不妊治療をしている人たち、母乳育児を選ばなかった人たちにとってどう感じられるのか。

 

彼女たちが置かれた状況は、

仕事をつづけながら子どもを持つことが難しかった結果であったり、

医療者の不足であったり、さまざまな社会的な要因が、現状のベースにあります。

ですから、投書をした大学院生と同様に、

そうした方たちに過剰に「べき論」を求めることには違和感があります。

 

赤ちゃんは母乳をいつでも飲む権利があり、母親も与える権利があります。

でも、今の社会で、それを叶えようとしたときに出てくる不協和音。

そこには、社会のひずみが根底にあるように思えます。

 

その解決方法として、授乳ケープではなく、授乳室を増やすことではなく、

私が「胸が見えない授乳服」に行きついた理由は、おそらく、そこ、なのです。

 

実はこの記事、私も入手し、スタッフにも先週話したところでした。

今年は、私たちが本当に目指す授乳服をしっかり作って行こう、という話の中で記事を紹介し、「仮にこのお母さんがモーハウスの服を着ていたら、同じように感じたと思う?」

とスタッフに尋ねました。

スタッフたちは「思わない」と答えました。

なぜなら、授乳していることに気が付かないだろうから。

 

モーハウスを始めたきっかけは、19年前に電車で泣き出したわが子に、

車内で授乳した経験です。

胸をはだけるのは恥ずかしいことでしたが、そ

れに輪をかけたのは、授乳に至るまでに子どもを大泣きさせたこと。

これで車内中の注目を集めることになったわけです。

 

その経験から、周囲に気づかれずに授乳するには、

「素早く授乳できる」「胸が見えない」の二つをクリアしなければと考えるようになりました。

「社会と子育てをつなぐ環境」としての授乳服には、不可欠な要素だと考えています。

 

授乳という行為を社会と切り離していた長い期間の溝を埋めていくには、

まずは、気持ちに波風が立たないような解決方法を取る。

お互いに気を使う必要がない。でも、気が付けば、

世の中のお母さんたちが、公共の場で授乳している姿が当たり前になる。

そんなイメージを描きながら、「胸が見えない授乳服」を作り続けたいと思います。

ちょっと嬉しかったこと

自動代替テキストはありません。

ちょっと嬉しかったこと。

お年玉くじをチェックし、当たった年賀状をいただいた産科医の江夏先生にメッセージしようと思っていたら、

先生から先に「光畑さんからの年賀状が当たってました!」とのメッセージ

 

お互いの年賀状が両方当たりなんて、そんなこともあるんですねー。

不思議なご縁。

賀詞交換会

今週の賀詞交換会は、茨城県、つくば市、境町。

画像に含まれている可能性があるもの:5人、、スマイル、立ってる(複数の人)、スーツ

特命教授としてお世話になっている茨城大学学長と、常陸大宮市長。大学とも関わりが大きな市で、モーハウスではふるさと納税の返礼品に取り入れていただいています。

画像に含まれている可能性があるもの:6人、立ってる(複数の人)、スーツ

県のOBで、水戸商工会の石川さんと、潮来市副市長。

画像に含まれている可能性があるもの:4人、立ってる(複数の人)

そろそろ片付けようという頃に残っているのは、結構偉い方々。つくば市の五十嵐新市長と塩田議長。

画像に含まれている可能性があるもの:4人、室内

こちらはつくば市。短時間しかいられなかったのですが、司会の鈴木もえみさん、市議の山本美和さん、区会の委員の小原さん。

 

画像に含まれている可能性があるもの:8人、立ってる(複数の人)

境町では、去年に続き、町長や坂東市長と一緒の樽で鏡開きもさせていただきました。

あとご馳走も、毎回食べる暇がなかったのですが、境町でようやく食べられた!

美味しいものがいっぱいあります。

 

基本、人見知りなので、知り合いやお友達と久々にお会いできる場という感じ。

名刺を増やしたくて行っている感じではないので、十分楽しいのです。

皆さま、今年もよろしくお願いします。

【おっぱい百話】 ~おっぱいと子ども用授乳服~

昨年トライしたクラウドファンディング、「子ども用授乳服」への
ご協力ありがとうございました。
苦戦しつつもおかげさまで達成。
お礼の品の発送も終えることができました。

時を同じくして、クラウドファンディングで、
街に授乳室をもっと作ろう、とのトライをされたお母さんもいらっしゃるそうです。
ショップの試着室などを授乳室に使わせていただく、という試みで
こちらも達成されたとのこと。

授乳は赤ちゃんの権利でもあり、お母さんの権利でもあります。
でも、その授乳が社会に出た時の難しさには、
今も変わらず難しさがあるのだなあと改めて思います。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

 

昨年は、国際会議APECへの二度目の参加、

子連れ出勤への関心の高まりなど、

さまざまな情報発信の機会をいただきました。

 

また、産前産後ケアの一環として、自治体や企業から、

モーブラや授乳服のプレゼントをしていただく取組みも始まりました。

「安心」というキーワードで、子育ての大変さは変えられると感じています。

 

今年、おかげさまで、モーハウスは20周年を迎えます。

母になっても、年を重ねても、

女性はさらに美しく羽ばたくことができる。

そんな社会に向けて、さらに一歩を踏み出せればと思います。

 

本年もよろしくお願いいたします。

この年が、皆さまにとって、良き年となりますように。

筑西講演&明治大学講演

一昨日は、風邪気味の中、講演二本話すうちに、徐々に声がハスキーに。

必死で隙間時間で病院行って、声がいつもと違おうが、とにかく声が出るように対応!

今日の講演は、筑西でのワークライフバランスの講演と、10年以上伺っている明治大学の講義。

二本、なんとか乗り切りました。

青森から先週いただいたりんごのおかげでもあります。

【おっぱい百話】 おっぱいとサンタクロース

先日発売になったベビー雑誌、モーハウスも掲載いただき

掲載ページを確認しようとしてめくっていたら、

ツリーやサンタのデコお祝い膳が紹介されていました。

 

私は子どもが小さい頃もそんな手の込んだことはできず。

プレゼントをそっと枕元に置くのにだけ注力していました。

だいたい子どもと一緒に寝ちゃうので、夜中に起き出してそっと。

 

まあ、そのうち子どもがそれをそっと見ていてバレたわけですが、

娘の話で驚いたのですが、お友達の中には、

高校生くらいまでサンタクロースを信じている子がいるそうです。

 

とはいえ、考えてみたら、深夜赤ちゃんに授乳するママは、 

さしずめ、赤ちゃんのサンタとも言えるかもしれませんね。

今しかない時間をゆっくりお過ごしください…

【おっぱい百話】ふるさと納税とおっぱい

ここのところブームのふるさと納税。
もう利用されていますか?
 
同じ税金を払うにも、それを自宅以外の市町村に寄付することで、
「返礼品」として、さまざまなモノが届く、というもの。
 
この「返礼品」に、なんと、モーハウスの授乳服やブラが登場しています。
 
今年の税金が免除されるのは、12月末までの寄付分なので、
駆け込み寄付が増えるのが、このシーズンなのです。
 
忘年会などでお会いした方に、こんな風に話しています。
「私たちがお付合いがある町で、ふるさと納税で授乳服がもらえるんですよ」
「赤ちゃんが生まれたお知合いのプレゼント用にもらっておいてくださいー。
救われるお母さんが増えます!」
 
授乳服がもらえる自治体はこちら。
 
  茨城県 かすみがうら市、境町、常陸大宮市
 
 
いずれも、町自体もいろんな面でがんばっていて、私も応援したい自治体です。
たとえば、境町は、熊本に代わってふるさと納税の寄付を集め、
1億を超える寄付金を熊本県に届けました。
 
境町自体も、昨年の水害で大多数の牛が犠牲になるなど、
な被害を受けたからこその対応でした。
 
商品は限られてしまいますが、よろしかったら是非応援して授乳服をもらって下さい。
 

【おっぱい百話】 おっぱいとドゥーラ

月曜は、国際北米ドゥーラ協会のフィリス・クラウスさんの講演会でした。

主催の筑波大の先生方のご手配で、スタート前にフィリスさんがショップでも

スタッフにお話しくださるという、貴重な時間をいただきました。

ドゥーラとは、お産の前後に母親に寄りそう人。

日本ではお産に立ち会えるドゥーラはとても少ないですが、

産後ドゥーラは現れ始めています

講演の中で、ドゥーラが入った場合の効果がいくつか紹介されました。

たとえば、分娩時間が 25%短くなる、鉗子分娩が40%減るなど。

そして、母乳育児率も高く(しかも、ダブルに近いスコア)、

赤ちゃんに対してよりよく反応できる傾向があるそう。

寄り添ってくれ、教えてくれ、励ましてくれれば、出産も母乳もスムーズなのですね。

ドゥーラは「出産に欠かせない構成要素で、再発見されたもの」だそうです。

古くて新しい存在・・。

なんだか、授乳服や子連れ出勤と似ているなと思いました。

その後、大学での講演を終えたフィリスさんとお話をしていたら、

「あなたの会社はとても素晴らしい。産後ドゥーラの皆さんは、皆、この商品を

お母さんに紹介するべきよ」と、皆さんに言ってくださったのは、宝です。

出産育児環境研究会

今日は、出産育児環境研究会。
初めての話題でお話しました。
社会がいかに授乳や子どもを隠しているか、といった話題。
聞いてくださった方、フィードバックいただきたいです。

160204-2 161204-1

ご一緒した先生方と記念撮影。

161204-15

母乳の社会学をお話した会場は、立教大学。

池袋駅のすぐ近くですが、敷地内に入ると喧噪とは離れた
アカデミックな空間が広がります。

青山ショップ近くの青山学院大学のツリーもいいですが、
こちらはツインで飾り付けられていて壮観です。
小さい子を連れたママたちも散歩に来ていましたよ。

20161204rikkyo-tree