【おっぱい百話】~おっぱいと速乾性

前回、APECで仲良くなった友人と、ほぼ初のフランスへ。
先進国は面白くなさそう、と思っていたのですが、やっぱり見どころ多いですね。
 
でも、航空券代を押さえるために乗り継いだ、
トランジット先のアブダビ(アラブ首長国連邦)の方が
なぜかミツハタさんらしい、と言われます。
 
飛行機の中には赤ちゃんも。
身軽にママ一人で連れ歩いている様子に、さすが、と感心します。
 
 
旅行には、いつものように授乳服を着ていくのですが
今回、いつになくさわやかなスカートを着ることにしたので
いつもの出張用授乳服があまりマッチしません。
 
スタッフに何かないかなあとリクエスト。
「とにかくかさばらなくて、しわにならなくて、すぐ乾く授乳服、ない?
きっと授乳中のママたちも、同じニーズはあると思うんだよねー」
 
レーシートップスは?と言われて試着したら、
レース素材って似合わないかなと思っていたけど、
全体にはパワーネット素材で、ヴィヴィアンタムみたいです。
これなら洗っても2~3時間あれば乾きそうだし、甘すぎないし!
 
ということで、旅は、皆に驚かれるくらい少量の荷物で行くのが信条の私。
これって、旅も、子連れ外出も同じだと思うんですよね~。
最小限の準備で行って、あとはその場で何とかする!
 
今回もスーツケースは、1/3くらいしか入っていません。
ま、帰りには、市場でいろんなものを買ってぱんぱんになるわけで、
そのあたりが、子連れ外出とは違う所ですが・・。

【おっぱい百話】~父の日とおっぱい

モーハウスを始めた20年前から、いつも応援くださっている

出産ジャーナリストの河合蘭さんから、こんなお知らせがありました。

彼女はもともとカメラマンでもあり、

ここ数年そうした活動を復活されていて、

いろいろご縁あって私も時々こんな写真を撮っていただいています。

グッドデザイン賞授賞式

ギャラリー index

今回ご案内いただいたのは、父の日に向けて

これまで撮りためられた写真の中から

お父さんを主人公にした写真で作られたスライドショー。

おっぱい百話でご紹介しつつも、

多くのお父さんが見ることを配慮されてなのか、

おっぱいシーンはほんの少し。

胸も見えないように撮られています。

(ああ、でもこの考え方は、モーハウスと同じくですね)

素敵なスライドショーです。

素敵な父の日を!

🔷命の生まれる場から(1) 父の日メッセージ Father’s Day Message~

https://www.youtube.com/watch?v=F68k78qeSDA

【おっぱい百話】~おっぱいと便利グッズ

講演や会議などで出張が多い中、念願だったグッズを手に入れました。
「足置き」です。
 
新幹線や飛行機のテーブルにベルトでぶら下げて
足を宙に置くためのもの。
これ、想像通り、楽で良いです!
 
たまたま一緒に買ったipad用のケーブルは、なぜか充電中ぴかぴか光る代物。
まあ、充電できてるのが確認できていいのかなあ。
どちらも、ちょっとしたアイデアグッズ。確かに便利です。
 
でもね、私はこういう便利グッズが好きってわけじゃないのです。
 
授乳服も、単なる便利グッズと思っている方が多いのだけど…
たぶん「便利グッズ」だったら、私はこんなに長く続けていなかったと思います。

確かに授乳服を作ろうと思った当初は「便利」「楽」を想像していました。
でも、着てみたら、それは「便利」や「楽」を大きく超えていたのです。

着た瞬間に心が解放されて、どこにでも出かけられる自信が戻ってきました。
着るだけでこんなに気持ちが楽になる、というのは、驚きで、
これで生活も生き方も変わる!と思ったのがスタートでした。
 
便利グッズも確かに悪くないですが(足置きは気に入りました!)
できればもっと先を目指したいなーと思います。

近江八幡

この間、水戸芸術館の藤森さん展で見て、これは行かねば!とラ・コリーナ近江八幡、たねやへ。

大きな草屋根の建物は内装も、取り囲む空間も素晴らしく。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、山、空、屋外、自然

自動代替テキストはありません。

画像に含まれている可能性があるもの:空、草、屋外、自然

屋上緑化経験者の立場からは、メンテたいへんだろうなあとは思いつつ、こういう場所、茨城にもあるといいなあ。

ちょうど先週お会いした坂東太郎さんあたりが実現されそうな予感。


町のそこかしこにある「近江商人発祥の地」の看板。水郷めぐりの船の名も「あきんど号」。

メンタムの聖地・近江兄弟社でメンタム復刻版を大人買い。足を延ばして近江神宮も。

ここはかるたの聖地でもありました。 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)

https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/18882004_1488546111211197_159808132769700719_n.jpg?oh=d296344e72995cb90e5a5772e5325754&oe=59A3BD3A

茨城新聞

モーハウスの姉妹団体、NPO法人子連れスタイル推進協会が、
本社のある茨城県の地元紙・茨城新聞で1年の連載を持つことになりました。

初回の記事は、なんと、新聞社の社長と私との対談。
たまたま思い付きで依頼いただいたのかと思いきや、
前々から頼もうと思ってたんですよ、と初めて聞いてびっくりでした。

母親の視点で、子育てのイメージをプラスに変えられるよう、
皆で記事を作っていきたいと思います。

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

高安おめでとうセット

高安おめでとうコース! で、リニューアルしたレストラン中台へ。

高安が好きなお店はここだけ、とのことで、連日取材を受けているそうです。

お祝いでコース半額!美味です。

 

画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物、室内

ちっくん広場

筑西市役所探訪。

駅ビルに引っ越して新しくなった市庁舎の1階~地下一階に続く大きなすべり台に、ボールプール。

名付けて「ちっくんひろば」。つい最近来場者1万人を達成したそうです。

 

すべる気満々で見学に行ったのですが、12歳までとの年齢制限で止められてしまいました・・。

近くのカフェでケーキセットも食べて、その美味しさとコスパの良さにもびっくり。

やっぱり地方は住みやすい! 

それにしても、筑西(下館)旧庁舎、妙にカッコいいんだけど、誰の作品なんだろう。

画像に含まれている可能性があるもの:室内

画像に含まれている可能性があるもの:室内

画像に含まれている可能性があるもの:コーヒーカップ、飲み物、食べ物

【おっぱい百話】~おっぱいと液体ミルクと

ここのところの液体ミルク導入の動きに、
助産師会など多くの団体が3月、担当大臣に要望書を出しました。
今月からは、これに賛同するグループを募っています。
 
これは、液体ミルクの導入にあたって、
防災担当大臣への要望は、
 
平常時からの母乳育児の保護と支援の推進
避難所で授乳できる環境づくり
災害時の安全で適正な使用を担保するルール作り
液体ミルクの迅速で適切な調達・管理・供給
 
を要望するものでした。
 
https://sites.google.com/site/hisaihahatoko/
 
まさに、私も何度かこちらにも書いて悶々としていたことを
理論的に要望頂いた感じ。
 
母乳は防災だけれど、地震のときだけ母乳を出すことはできません。
普段から、母乳育児ができる人は、継続することが防災活動になります。
 
私自身、3人の子の出産時それぞれに、
あふれるほど母乳が出たことも、まったく出なくて悩んだことも
スムーズだったことも、三人三様にありました。
 
母親の多くはその力を持っているのに、
その支援や授乳できる環境がなければ、力が生かされない。
今にして振り返ると、それがよくわかります。
 
その力を使うお母さんが増えれば増えるほど、その分
粉ミルクで育てるお母さんに集中して支援することができます。
 
母乳育児がこれまでうまくいかなかった方も多いと思いますが
そのほとんどは、支援と情報と環境の不足のためで、
お母さん自身の体や力のせいではありません。
 
そのためのバックアップを望みたいですね。
 
 
************************************
 
 

災害に備えて乳児用液体ミルクの導入にあたって、母乳育児を保護するための法制整備が並行して行われることを政府に要望しています。

 

日本では9割以上の母親が母乳で育てたいと考えていますが、

適切な支援と正確で充分な情報提供がなされていない現状があります。

乳児の栄養について、家族の健康と状況に最もふさわしい納得した選択ができるためには、商業的な影響のない支援を十分に受けられることが重要です。

 

内閣府の担当大臣宛に提出した2つの要望書に賛同する団体グループを募集しています。

個人ではなくグループや研究会など団体名での賛同をお願いしています。

 

現在、各地の育児サークルやクリニック、助産院などから賛同が来ています。

賛同の表明は、以下のサイトのフォームからお願いします。

https://sites.google.com/site/hisaihahatoko/

奈義町現代美術館

少子化対策に成功した町として知られる、岡山県奈義町。
先日町長も、弊社の青山ショップを訪ねて下さいました。
そんなお礼も兼ね、お言葉に甘えて訪問。奈義町現代美術館も訪ねました。

自動代替テキストはありません。
じつはここ、美術の教科書で、なんとわが家と並んで掲載されていた磯崎新さんの設計によるもの。掲載作品は荒川修作。

これが町立美術館ですよ、すごすぎ!!

画像に含まれている可能性があるもの:室内
館長の岸本さんにご案内いただき、「三次元のシュルレアリズム」という表現に深く納得。

展示を読み解いていただいて、3倍堪能できましたーー。
(ちなみに、同町出身の「Naruto」の作者の岸本氏とは親戚ではないそうです)

画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)、空、屋外

【おっぱい百話】~高校生とおっぱい

先週末は岡山県立林野高校での講演でした。
 
山深い地にありながら、西日本で初?
全校にwifiが飛んでいるというハイブリッドかつ最先端な環境
来週はgoogle代表とも会談があるとか。
 
さて、一応必要なら、とお届けてしていた授乳服、展示しますと
おっしゃっていたのですが、出てきてびっくり。
なんと、昔、洋品店にあったような、リアルなマネキン人形に着せてくれていました!
 
思わず写真を撮ろうとしたら、男子学生がすかさず一緒にステージに上がってポージング。
さすが、こうしたユーモアは、この環境だからこそかも??
18556292_1471717576227384_4140607707903400480_n
「授乳服、1週間くらいお借りしていいですか」というお尋ねを快諾したところ、
今、その授乳服マネキン人形は、生徒たちのアイドルになっているそうです。
 
男子にとっては特に、女子にとっても、
高校生くらいの年代では話しづらい授乳というテーマですが、
今、家庭科の教科書にも載せていただいてることですし、
こんな風に、自然に身近になっていくといいですね。