子連れ出勤報道に思うこと

一昨日の大臣の視察。

なんと昨日のYahooニュースのトップに2つも記事が紹介され、

反響も大きくてびっくりでした。

 

いろいろ議論も出ていて、まずは興味を持っていただける状況に感謝したいと思います。

そして、子連れ出勤を20年以上続けてきて、情報発信もしてきて、

働き方改革や子育て支援として「子連れ出勤」が注目される今。

この機会に、私たちが考える子連れ出勤を少し書いてみたいと思います。

 

子連れ出勤というのは、賛否両論が出る言葉ですし、

モーハウスでも失敗談はありますから、その気持ちはわかります。

それを踏まえての、皆にとって幸せな子連れ出勤をというのが、私のこだわりです。

 

大臣とお話した中で、子連れ出勤には、例えばこんな意義があると、経験上考えています

 

 ●会社にとっては、

 ・働き方の多様性が広がることで、募集しやすい

 ・育休中、他のスタッフへの負担の軽減

 ・育休後の復帰率が高い(復帰後のイメージつきやすい、休み中の情報キャッチアップ)

 ●子連れスタッフにとっては、

 ・社会の中での子育てに慣れることができる

 ・産後の孤立を防ぎ、自己肯定感を取り戻せる

 ・子育てへの不安がなくなる 

 ●子どもにとっては

 ・親の仕事への共感

 ・社会性を育む(人に慣れ、人の力を借りやすい子になる)

 ・ダイバーシティの育み(同年代でない人ともコミュニケーションが取れる

 

基本的には、私は、何が何でも子連れ出勤ではなく、あくまで選択肢の一つと考えています。

預ける方が楽だと思うスタッフは、保育所に子どもを預けて働いています。

自由選択で、多くのスタッフが子連れ出勤を選んでいます。

 

また、子連れに向く仕事と、難しい仕事はあります。

実際、モーハウスでは実験的に様々な場での子連れ出勤をしてきました。

結果として、たとえば、単純作業や、コミュニケーションの仕事はやりやすいですが、

危険を伴う仕事(まあこれは当然ですが)や、集中力を要する仕事は難しいと考えています。

また、電車移動の都市部よりは、車で移動できる地方の方が、取り組みやすいです。

 

さらに、子どもと一緒にいたいから働けない、という方への、もう一つの答だと思っています。

実際、モーハウスへの応募者には「保育園に入れなかったから入社したい」という方は稀です。

「子どもとまだ一緒にいたい。そのためには仕事はまだできないと思っていた。

でも両方一緒にできるのなら、やってみたいです」という人が多いのです。

一緒に働きたい人が子連れ出勤することによって、

より必要な人が質の高い保育所に預けられる安心に、少しでも寄与できるかもしれません。

 

人や環境がみんな違うように、全ての人に最適な回答となる働き方はありません。

万人に適用出来て、誰にも文句のない、完璧な働きやすい環境を待つのではなく、

少しでもみんなが働きやすい環境を積極的に作っていく事が必要でしょう。

その中で、子どもと仕事は分けるべき、という「常識」は疑ってみてもいいのではないかと。

その回答例の1つとしての提案が、子連れ出勤です。

 

子連れ出勤という言葉が一人歩きすると、職場に子どもがいるということだけに注目されますが、

子連れ出勤が目指すところは、子どもを育てながら働く人だけでなく、

子どもも働き手も、他の社員も、雇用側も、周辺地域も、誰一人取り残されてはいけないと考えます。

 

こんな環境を作るために、モーハウスでは、

お腹が空いた、おむつが濡れた、という子どもの欲求に早めに応えることがルールです。

結果として、子どもは落ち着いていられますし、親も職場も仕事に普段通りに取り組めます。

見学会や取材にいらした方々は、一般の職場とあまり変わらず静かなことに驚かれますし、

子どもも連れてきている親も、生き生きしていることにも感心して行かれます。

 

こうした帯同型の子連れ出勤での長年の経験をベースに、

私が代表をつとめるNPO法人子連れスタイル推進協会では、

テレワークやコワーキングスペース、事業所内託児などと組み合わせ、

地域、業務、働く人、雇用する側の事情に合わせた子連れ出勤を行政や企業に提案をし、

いくつかの企業でテスト導入が始まっています。

 

今後も、子連れ出勤が、働きやすい環境作りのきっかけになることを望んでいます。

 

【参考】

日本の人事部:小酒部さやかさんによる子連れ出勤取材記事

東洋経済:子連れ記者、子連れ出勤を体験してみた

Yahooニュースにも

なんと、昨日の大臣視察が、Yahooトップに2記事も掲載されてました。

子連れ出勤には、賛否両論のコメントつくだろうことも予想できるけれど、

でも実際見ていただければ、多くの声の答になるはず。

いずれにしろ議論のきっかけになればと思います。

画像に含まれている可能性があるもの:2人

https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main…

内閣府特命大臣が視察にいらっしゃいました

今日は、内閣府特命大臣の宮腰少子化担当相が、

子連れ出勤の視察につくば事務所までいらして下さいました。

は、モーハウスというよりも、NPO子連れスタイル推進協会の代表としてご案内。


大臣をお迎えするのは初めてのこと。

年末からの、県警の皆さんやSPの方々、県庁、内閣府の皆さんの丁寧な準備に感嘆

(事務所での意見交換のために、進行表や名札まで!)

画像に含まれている可能性があるもの:7人、波多野 禎さんを含む、座ってる(複数の人)
また、すごい数(確か17社)のメディアの方もいらっしゃり、

子連れ出勤へ関心を持ってくださる方が多いことにも感謝。

(その大量のカメラが一斉にシャッターを切っても動じない、

子連れ出勤の子どもの落ち着きっぷりにも注目が集まりました)

画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル


そして何より、にこやかに子連れスタッフに話しかけ、

「思った以上」に可能性を感じて下さった宮腰大臣に感動です。

視察には、国光あやの議員もご一緒くださり、フォローもいただき心強かったです。


子どもと一緒に過ごすこと=仕事をあきらめることではない。

多くの方に、働き方の可能性を知っていただきたいですし、

そんな職場が少しずつでも増えていきますように。

辰巳渚さん出版記念講演会

昨日は、昨年急逝された辰巳渚さんの遺作の出版記念講演会でした。

鼎談の一人に加えていただき、「自立」をテーマに語り合いました。

会場が池袋コミュニティカレッジということもあり、

セゾングループや山口はるみさんのポスターにも話が及びました。


仕事はハレで、生活はケなのか? 

私がいつも言っているワークライフミックスや子連れ出勤は、

そんなところへの疑問が根っこにあります。

 

彼女が生活や家事を大切にしていたのは、

きっと私と同じ原点があるからなのかも、と改めて思いつつ、

そしてこのことはこれから大切になっていくこと、と思いつつ。


書籍の編集は、たまたまですが、私も旧知の文芸春秋井上さん。

アマゾンのシンプルライフジャンルで一位!という嬉しいお知らせ。

懐かしい写真を見ながら彼女の軌跡を振り返り。

 

そして、息子さんの挨拶。彼に宛てたかのような本なのですが、

彼の挨拶、本当に立派でした。
彼女の思いがこれからも継がれていきますように。

境町新春の集い

昨年、倉敷への支援でお世話になった境町の新春の集い。

毎年、町中の人が来てるんじゃないかという賑わい、

町の美味しいお店がたくさん、あたたかく、とても楽しい会です。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、テーブル、食べ物、室内

画像に含まれている可能性があるもの:6人、光畑 由佳さんを含む、、スマイル、立ってる(複数の人)

今年も鏡開きをさせていただき、

美味しい常陸牛やお茶をたくさんいただき、

たくさんお礼も言えました。


境町が自ら受けた水害の被害をきっかけに、

ふるさと納税で倉敷はじめ各地に代理寄付を下さり、

また、授乳服もお贈り下さいました。

 

年末に、有村元少子化担当大臣が、さまざまなお話をする中で、

ふるさと納税授乳服寄付の境町の記事に感銘を受けてくださったのを思い出します。

千鳥会・新春交流会

賀詞交換会、新年会の一日。

1200人もの人が参加の千鳥会、さすが美味しい食材揃いの茨城県生協連の新春交流会、

そして気のおけない大学同窓3人での新年会。

 

社会のあり方、子育て、働き方についても語り合いました。

よく喋り、よく食べ、今年もいろいろ動かなきゃなーと思った一日。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内
画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、座ってる(複数の人)、食事(複数の人)、スーツ、室内
画像に含まれている可能性があるもの:食べ物
 

大吉

久々に実家に帰らず関東で過ごすお正月は、初詣に開運の町・小山の須賀神社にお詣り。

お詣り中に、インドネシアから来たというユーチューバーの取材まで受け、

お神籤やお守りを説明。英語で、と言いたいですが、日本語がお上手でした。

 

ちなみに、お神籤は大吉でした!

願い事は、人の協力を得て叶う、そうです。

 

そういえば、昨日紹介した落合陽一さんの本には、こんなことも書いてありました。

「日本人は個人としては異端にはなりにくいですが、

集団として異端になるのは得意です。

個人ではなく、バンドを組んでイノベーションを起こせばいいのです」

 

皆さま、今年もどうぞよろしくお願いいたします♡

謹賀新年は、朝日新聞の記事から

あけましておめでとうございます。

元旦の朝日新聞に掲載された「平成@北関東」第一回の記事。

 

新聞の幅いっぱいの、びっくりするようなサイズの記事に、

「授乳服がママを自由に」「子連れ出勤 変わる常識」という大きな見出し。

そうであってほしいなあと願って活動してきた気持ち、そのままです。

 

一昨年、出席したIBMの有識者会議で初めて聞いた落合陽一さんの話には、

うなずかされること、考えが近いことが多かったのですが、

年始に読んだ『日本再興戦略』の中に、こんな記載がありました。

「ワークとライフを二部法で分けること自体が文化的に向いていない。

日本人は仕事と生活が一体化した『ワークアズライフ』の方が向いています」


昭和の後半にばらばらになってしまった「仕事」と「生活」のひずみ。

それを近づける潮流が出てきた時代が平成という時代だったのかもしれないと、

取材を受けるうちに感じました。

この一年、幸せな生活(子育て)と仕事に向けて大きく変わっていきますように。


記者さんは 、アナウンサーの木村さおりさんから紹介いただいた方で、

とても熱心に、かつ丁寧に、ララガーデンに、講演に、事務所に、

さらに子連れ出勤に取り組む笠間に、と、何度となく足を運んでくださいました

 

実は、息子の担任の先生を取材されたこともあったというご縁もありました。

お隣は、昨年倉敷の支援で境町と共にお世話になった、ふるさとチョイスの須永社長。

ここにももまたご縁が。

 

今年も皆さんにとって幸せでありますように。幸せな変化の起こる年でありますように。

今年もありがとうございました

2018年、今年もお世話になりました。

「子育ては”我がまま”でいい」

この言葉を、会社のキーフレーズにしてスタートした今年。

 

もっと出かけよう、もっと笑おう、

妊娠中も、授乳中も、子育て中も、やりたいことをあなたらしく。

全ての人が、生き生きと自由に輝ける。そんな思いを授乳服にこめて。

より多くの方々が、女性であることを楽しめますように。

 

今年のトピック5つ

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、テーブル

西日本豪雨への支援(スマートサプライ、ふるさと納税、てぬぐい基金)

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

子連れ出勤のコンサルティングと内閣府での紹介

・新たに3つの市と協定締結。授乳服の行政でのプレレントが10市町村に。

・母校より表彰いただきました。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

ブレストケアアンバサダー講座スタート

 

来る年が、皆さまにとって、素晴らしい年となりますように!

 

辰巳渚さんの本


年末の自宅に届いた1冊の本。

今年急逝した辰巳渚さんの遺作でした。

 

大学も最初の会社も同じ、年齢も近いという共通点でいろいろな話をしてきました。

ショップのデザインまでしてもらったり、対談もしたり。

 

一人暮らしを始めた息子さんに向けたかのようなこの作品。

1月には出版を記念しての講演会、

昔私たちが、大学の帰りや働き始めてからも、ここの文化を浴びたはずの池袋西武で行います。

**


辰巳渚さんの遺作「あなたがひとりで生きていく時に知っておいてほしいこと」(文藝春秋刊)

の出版を記念し、1 月 12 日 ( 土 )14 時30分より池袋コミュニテイ・カレッジで

辰巳さんの生きた道を振り返りながら、

人生100年時代に辰巳さんの哲学をどう生かしていけるのか、

生前から親交の深かった各界の識者による特別講座を行います。

(鼎談)光畑由佳(モーハウス代表)× 淀川洋子(家事塾代表)

× 野上秀子(生活の学校代表・元セブンカルチャーネットワーク社長)