液体ミルクの備蓄に関する議論

数年前、液体ミルクに関して内閣府で話した際、

母乳育児が安心してできる環境との両輪となることが防災の意味でも必要とお話しました。

国会でこうした議論がなされるのは素晴らしいことだなあと。

国会を見つつ書き起こされた新生児科ドクターの投稿をシェア↓

 
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

昨日(3月13日)衆議院予算委員会の国会中継がありました。災害時の液体ミルク、国際規準、母乳育児支援についての質疑応答がありました。

質問内容は、災害時にはミルクを備蓄すれば良いと言うのではなく母乳育児支援が必要なこと、保健師/助産師/栄養士などの専門家による支援体制の必要性など・・・私たちがずっと言っていたことで、いつどこで私たちの言うことを入手したのかと思ってしまいました。
内閣側の答弁にも、母乳育児支援が重要と言う文言が何度も出てきましたが、こんな国会は初めてではないでしょうか?
国際規準にも「配慮して」男女共同参画の災害時の指針を来年改定すること、いま改定中の授乳・離乳の支援ガイドに災害時における母乳育児に関する支援のポイントなどを新たに盛り込む、とも言っています。

録画したので、さわりの部分をおこして紹介します。

公明党佐々木さやか議員 「・・・(液体ミルクの)各自治体の備蓄を後おしする観点から、液体ミルクの備蓄を国の方針にも盛り込んで欲しい。
その際には備蓄の方法について、母乳代用品の販売流通に関する国際規準、WHOコードにも配慮する必要がありますので、こういった観点も踏まえながら事例も収集、紹介していくことが効果的と思われますが、いかがでしょうか?」

片山さつき男女共同参画担当大臣 「男女共同参画の視点からの防災への取り組みの指針は(不備が指摘されているため)・・・・・、来年度有識者にご議論いただいて改定を予定しております。その際に委員ご指摘の液体ミルクも・・・粉ミルクと同様に・・・災害時に乳児支援に必要な物資への追加をしていきたいと思っております。またその際に国際規準のコードにつきましても、ご指摘のように改定においてははっきりと配慮させていただきたいと、かように思っております。」

公明党佐々木さやか議員 「赤ちゃんやお母さんを守るためには、必要な物資の備蓄だけではなく、お母さんが安心して母乳育児を継続できるための支援が必要で、ただ粉ミルクや液体ミルクを配ればいいというものではないわけであります。
避難所で授乳スペース、プライベートの確保できるスペースを作る、またお母さんが充分な食事ができるようにする、母乳育児について相談できる体制を災害時にも整える、こういう支援が必要ではないかと思います。
赤ちゃんを守る観点から、保健師さん、または助産師さん、栄養士さん、こういった専門の方々による災害時の母乳育児の継続と必要な栄養の摂取のための支援体制、こういったモデル的な体制を作っていくということも重要ではないかと思っております。
こういった災害時にも母乳育児を安心して継続できる、こういう支援体制についてはぜひ引き続き取り組んで欲しいと思いますが、厚生労働大臣如何でしょうか?」

根本匠厚労大臣 「災害時において母乳で育てたいと希望する方が、可能な限り母乳で育てられることを支援すること、これが重要なことと思っております。・・・・・・。
特に母乳育児については、安心して授乳ができるよう、今委員のお話にもありましたが、プライベートな空間の確保、これについても周知をいたしました。
また厚生労働省では現在保健医療従事者向けに授乳・離乳の支援ガイドを改定中で、ここに支援のポイントをまとめて改定を進めております。
これまでも◯◯している災害時における母乳育児に関する支援のポイントなどを、新たに盛り込む予定であります。今年3月中に新たに公表予定にしております。
今後ともこのような取り組みを通じて、災害時において母乳育児を希望する方への支援を行なっていきたいと思っております。」

生徒の赤ちゃんを抱っこして授業をする先生の話

子連れ出勤の専門家(!?)としては、子連れ出勤のエッセンスがいろいろ詰まっているエピソード。

もちろん普通に良い話だけれど、
子連れ出勤には、
・その場の人たちの合意形成が大事
・向く仕事と向かない仕事がある
・向いている時期がある
・子どもが居心地が良く、落ち着ける環境。立って揺れてる方がいい
などなどのポイントが詰まっています。

FINDERS.ME
 
「クリエイティブ×ビジネス」をテーマに、新たなイノベーションを生むウェブメディア

石岡市 蔵出しイベントと間の祭り

またも、deepな石岡。

お友達のさかいひろこさんにお誘いいただいて、白菊酒造さんの蔵出しイベント。

地域が循環している様子を感じます。

そして、常陸国総社宮での「間の祭り」なる怪しい芸術祭。

禰宜の石崎さんは、朝日新聞にコラムも持つライターでもあるそうです。

『神社新報(というのがあるそう)』じゃなくメジャー紙!

さらに手塚治虫も縁があり、火の鳥お守りまである!(入手しました)


いったん会場を後にするも、副市長の 根本 博文 さんに呼び出されて戻って来たら、

なんとダンスのパフォーマンスまで始まりました。

毎週土曜に開催だそうです。

お宮に馴染み過ぎのアートたちが素晴らしい。誰もいない時にも行ってみたい。

画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:木、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)、結婚式、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:室内

ご縁。偶然。日々楽し。

先週の経済産業省の会議。

息子の同級生のお父さんが会議でご一緒、という、まさかのご縁。

昨日の卒業式では、お母さんが声をかけて下さり、

息子とお嬢さんは、たぶん初めて話して、一緒に写真撮ってました。

こんな偶然からご縁があるから、日々は楽しい。

画像に含まれている可能性があるもの:画面

卒業式

長男、高校の卒業式でした。

 

いい式、いい学校だったなあ。

謝恩会でも、盛り上がるかと思えば、先生の挨拶ではさっと皆座って傾聴というメリハリ。

学年全体も、本人も、こんなにしっかりしてたのかーと今さら気づきました。

本人も帰ってきて「ホントにこの学校で良かった。ありがとうございます」と言っていました。


いろんな方と話して、周囲にはずっとご心配をおかけした様子もよくわかりましたが、

ホントにぎりぎりになってからのがんばりも見ていて下さったのもありがたく。

 

式が終わったら会社行けるかも、って言っていましたが、

結局今日はお仕事はお休みさせていただきました。いい一日でした。

写真の説明はありません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内

永岡桂子文部科学省副大臣にお目にかかりました

永岡 桂子 文部科学省副大臣を訪問しました。

地元なので、いろんなところでお会いはしているけれど、文科省のお部屋でお会いするのは初めて。

普通の女性の感覚を大事にされていて、お話ししていても、いつもいつも頷くことばかり。

初対面の時から話が盛り上がってしまった、気さくでわけ隔てのないお人柄。

副大臣椅子にお客様を座らせてくださるのが恒例とのことですが、不遜すぎて交代していただきました。

最近、学生に話をすることも増えてきて、数年前から高校の教科書にも載せていただいていて。

まだいろんな偏見に染まっていない学生たちには、いろんなことが響くことも感じています。

ぜひがんばっていただきたいです。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、座ってる(複数の人)、テーブル、リビング、室内
画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、座ってる(複数の人)、テーブル、室内

翔んで埼玉

映画「翔んで埼玉」。レイトショーに娘と行ってきました。「なぜか埼玉」(名曲!)が頭から離れません…。

数年前、新所沢パルコまでわざわざ見に行ってゲットしてもらった魔夜峰央先生のサイン本、

今さらながら、もらってよかった(パルコ時代の先輩にお世話になりました)。

あの時の新所沢パルコ店長が同期の 玉岡 幸左右 君だったことも、今さらだけど嬉しい。


しかし、娘と終了後議論したのは、茨城の件。

なぜか、原作で結構出ていた茨城の存在感が薄く、群馬に取って代わられていた。

群馬出身者が制作にいたのか?群馬、恐るべし、です。

写真の説明はありません。
写真の説明はありません。

We Too Japan チャリティ・パーティ

週末に、白河桃子さんにお声掛けいただき、We Too Japanのチャリティ・パーティに出席しました。

さまざまなハラスメントをなくして行こうというムーブメントです。

年末にSPA!の記事に対して声をあげ、世界中からの賛同のもと、謝罪、そして対談を行った大学生たちVOICE UP JAPANも登壇

。ビザジャパンの安渕聖司さんは、トーク&チャリティオークションでの落札した権利を彼らにプレゼント、という粋さ。

豪華なメンバーでのトーク、贅沢であたたかいひと時でした。


前日は東京医大看護学科の謝恩会で、新学長にお会いしたのですが、なんと医大で同級生だったという香山リカさんも登壇。
さらに、ちょろっと関わった、先日の、医学部入試における女性差別対策弁護団トークイベントのメンバーお2人とも。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上
画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル、立ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、室内

3月11日

3月11日。

8年前、小さい子を抱えるスタッフも一緒に会社に泊まりました。

皆、懸命にできることを、と、被災地に授乳服を送りました。

避難所のお母さんは、この先もミルクが水が手に入るのかという不安がいっぱいでした。

母乳育児は防災活動、と言われ始めたのは東日本大震災以降です。

液体ミルクも今日発売となりました。

母子すべてが非常時に守られるよう、環境が整ってほしい、整えて行きたいと思います。

I-HAHATOKO.NET
 
災害時に災害弱者である赤ちゃんとお母さんを守るためには、個別のニーズに沿った適切な支援が必要です。災害対策として乳児用液体ミルクの製造・販売が開始されました。災害に備えるには、乳児用ミルクの備蓄だけで…
 
 
 
 

東京医科大学看護学科の卒業謝恩会にて

昨日は、東京医科大学看護学科の卒業謝恩会に来賓として出席。

青山ショップで看護実習を受け入れているのです

先生方と学生たちの朗らかで仲の良い様子にほっこり。

 

そして、女性医師に代わった学長の、変革に向けての頼もしい挨拶も伺えました。

学長ご自身、働きつつ、保育所に駆けつけて授乳しつつ、の子育てをされてこられたとのこと。

ご経験を踏まえての今後に期待です。

画像に含まれている可能性があるもの:6人、、スマイル、立ってる(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル、立ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:1人、室内
画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)、室内