【おっぱい百話】~授乳と仕事

ちょっと前、1月23日のメルマガでお話ししたおっぱいのシンポジウムの続きです。
以前働き方のシンポジウムでご一緒した、元朝日新聞記者の大学教授・竹信三恵子さんが
おっぱいをテーマに語ってくださったのは、とても嬉しかったのです。

講演の最初に話されたのは、
「母乳の効用は今や日本社会に定着し、母親の子育ての重要性がかつてなく喧伝されているように見える。
一方で、企業での「女性活躍」もここ数年、政府の主要な政策とされ始めているが、
ここでは育休や育児時間に注目が集まりつつも、「生産性の向上」が主要な目標に掲げられている。
これまで、公的な場から家事・育児を蔑視・排除していく「家事労働ハラスメント」が横行してきたん本社会で
女性たちは、子育て(母乳尊重文化)と女性活躍(母乳排除文化)の間で引き裂かれようとしている」
ということでした。

その通り!と、膝を打つ思いでした。
女性たちは、出産後は、我が子に授乳することを求められ
仕事に復帰したとたんに、授乳を手放すことを求められています。

これは出産後は、子育てに専念することを知らず知らず求められ、
仕事復帰後は、子育てを手放すことを知らず知らず求められている
そんなことの象徴に思えます。

家庭にいて家事をしていようが、
職場にいて仕事をしていようが、
どちらも仕事であり、子育てや生活と並行することは当たり前にできるはずです(本来)。

子連れ出勤を続けてきているモーハウスの事例を紹介するとき
「子育てしながら家事ができるなら、子育てしながら仕事だってできるはず」
ということをよくお話しています。

モーハウスでは、職場でも授乳を当たり前のようにしていて
(外部の方や男性がいても。そのための胸が見えない授乳服なので)
ここでは、女性は引き裂かれていません。

でも、私もモーハウスを始める前は、
竹信さんがお話されたように、働く=母乳排除だと思っていました。

そして、モーハウスを始めてから、助産師や医師など専門家の方々は
実は働いていても授乳を止めていない人が多い、と知って、
「えーーっ、それ私たちにも教えてほしかった!」と思いました。
つまり、女性が引き裂かれない答があるということを教えてほしかったんですね。

引き裂かれない答は、ちゃんと存在する、と、一人でも多くの女性が気づくこと。
それは、女性の子育てや仕事をめぐる、矛盾感や葛藤(板挟み感)を消し去る
きっかけになるのでは、と思います。

仕事の場でも母乳が排除されないという選択肢を
母親自身にも、職場の方々にも、知ってもらえますように!

【おっぱい百話】 〜子連れは社会貢献

先日、気象予報士として活躍されている井田寛子さんとお会いしました。
12年ほど前、アナウンサーだった頃に取材いただき、
近所の筑波大学ご出身ということで印象に残っていた方です。
 
ニュースでも報道されたので公開していいと思うのですが、
赤ちゃんは1月1日、お正月生まれ。
ちょうど一か月健診が終わっての、はじめての二人での外出だそうです。
 
バスに乗って抱っこでさらりと現れたその子育てぶり、出産のお話も含めてお見事。 
私がいつも言う「一人目から三人目のような子育てを」してらっしゃるのに感心。
 
食事やオーガニックにものすごくこだわるわけでもなく、
さりとて、出かけるからミルク、無痛、というわけでもなく。
肩ひじ張らず、らくーに子育てしてらっしゃる。
 
お仕事柄、気象を扱われているせいか、自然の仕組みや本質を
自然に意識されているのでしょうね。
出産方法や授乳方法など、綿々と続いている仕組みは、
それは母にとっても子にとっても効率が良いからでしょう。
 
同じ週に別の某有名な方とも子連れでお会いしたのですが、
彼女とも共通していたのは、
”子育ては大変”というオーラを出してないこと。
授乳も含め、自然の仕組みを上手に使っていること。
 
そして、さらに共通するのは、私たちの活動(授乳服も子連れ出勤も)を
取材などを通じて、独身時代にある程度知ってらしたこと。
 
つまり「授乳も、子連れで社会に出ることも、仕事をすることも
体の仕組みを上手に使えば、普通に楽にできる」というモデルを
見て納得していらしたことが影響してるのではないかなあと。
 
私たちが子連れ出勤でそうした姿を見せることと同様に、
皆さんが子連れで出かけたり、違和感なく授乳する姿を見せることが
他の女性たちのモデルになる。
つまりは社会貢献になるのではないかなと思います。

【おっぱい百話】~寒い時期の授乳

い時期の授乳、どうされていますか?
寒くて大変、という方がきっと多いですよね。
 
しかし、私は、寒い時の授乳がどんなに大変だったか・・
というのをすでに相当前に忘れてしまってることに気づきました。
 
というのも、遠い昔、一人目の子の時は、ほぼ粉ミルクだったので
夜中起き出して調乳して飲ませる、というのは結構な手間でした。
寒いし眠いし。
 
でも母乳が出るようになった二人目の子育ては、
入院中母子隣同士で寝ていたこともあり、当たり前のように家でも同床に。
その経験があったからか、
最初の頃は起き上がって授乳することもあったのですが
だんだん、寝たまま授乳、つまり添え乳をするようになりました。
 
こうなると、もはや、冬の寒さは平気。
なぜなら、あたたかい布団に半身包んだままで授乳できますから。
 
授乳服とか、授乳インナーの穴あきシャツとか、いろいろ作りもして
寒い時期の授乳が楽になりました、というお声はたくさん頂くのですが
やっぱり最強は添え乳だったなあと思います。
(あ、授乳しやすい服だと子どもも飲みやすいから寝ぼけてても大丈夫というのはあるかも)
 
そんなわけで、私の授乳・寒い・大変体験はすっかり記憶が書き換えられて
楽であたたかな授乳体験しか記憶に残っていません。
赤ちゃん抱っこしてるとあったかいですしね。

東京いいお産の日時代からのお友達 白河 三來 さんと

東京いいお産の日時代からのお友達 白河 三來 (Mirai Shirakawa)さんがつくばに~。

ララガーデンに貼ってあったチラシに彼女の顔を見つけてびっくり。

数年ぶりに昨年開いたおっぱいサミットで会ったばかりで、

今度はまさかつくばで、しかもララガーデンで会えるとは! 

講演後のスキマ時間でショップに来てくれたので、記念写真。

 
画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、立ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、テキスト
 

木山裕策さん歌手生活10周年パーティー

木山裕策さん歌手生活10周年パーティー。

息子のライブを見に来たはずが、実はご自分のお祝いというサプライズ大成功!

こんなステキな会、なかなかありません。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:9人、、スマイル、立ってる(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:フルーツ、デザート、食べ物
画像に含まれている可能性があるもの:3人、室内
 
 

1/27 TBSラジオ「公共の場での”授乳”は是か?否か?」

スタッフから嬉しい報告! 生島淳さん、ありがとうございます。
でも変な人だと思われるなんて、「??」。

授乳服って男性の方が理解下さる方が多いのですが、

なかなか、肝心の女性に広がらないのはこういうことなの? 

以下、店長からのメール。


**


1月27日のTBSラジオ「まとめて!土曜日」の番組内で
蓮見アナが語る「公共の場での”授乳”は是か?否か?」
というコーナーが組まれ、ゲストの生島淳さんが
「周囲で妊娠出産した方には、モーハウスの授乳服を
プレゼントしている」と話してくださっています。
ここから音声聞けます。
https://www.tbsradio.jp/220594

それを聞いて、昨日早速ご来店があったので以下に転記します。

ギフトのお客様
・TBSラジオで出演者の方が出産祝いにモーハウスを送っていると聞いて甥っ子のお嫁さんへのギフトをお探し。
ご自身のご家族(奥様や娘様)からは、そんなもの(授乳服)をあげるのは失礼だ、と猛反対を受けたそうで、変な人だと思われるよと言われてしまったそう。
それでもラジオを聞いてきっと便利だろうとご来店くださいました。無料ラッピングでおつつみしました。

男性が公共の電波でこのような発信をしてくださるのはとてもありがたいと感じます。

TBSラジオ「蓮見孝之まとめて!土曜日」(毎週土曜日06:00-09:00)TBSアナウンサーの蓮見孝之とフリーアナウンサーの北村まあさがお送りする3時間の生放送。一週間のニュース・出来事を週替わりで登場するゲストコメンテー…
TBSRADIO.JP
 

ライターズネットワーク・金丸弘美さんの新刊

ライターズネットワーク・金丸弘美さんの新刊、早くも話題の「田舎の力が未来をつくる!」が到着! 

上野千鶴子さんとの対談も予定されています。

両巨頭の対談、奇しくも、おっぱいサミットとも両者つながっているお二人。

(おっぱいサミット主催のご挨拶の金丸さん、記事を載せて下さった千鶴子さん)

楽しみです!

自動代替テキストはありません。

【おっぱい百話】~香港の母乳育児

週末は家族と香港に行き、現地に住む後輩と会ってきました。
会うことを楽しみにしていた彼女の赤ちゃんには諸々の事情で会えず。
可愛い写真だけ見せてもらいました。
 
数十年ぶりの香港、すっかり街の様子は変わりましたが、
相変わらず何を食べてもおいしいです。
この国も、子連れ旅行に良さそうですね~。
 
香港で会った後輩は、赤ちゃんが4か月ですが、すでに働いています。 
香港では育休がないので、赤ちゃんが2か月ほどの時期で仕事復帰だそうです。
 
そんな事情から、デパートなどの授乳室は、
いつも搾乳、つまり母乳を保存するためにしぼる人でいっぱいだとか。
香港でも、母乳で育てたいという人は増えているようです。
 
彼女の場合は、日本から手伝いに来てくれているお母さん(つまりおばあちゃん)が
家事や赤ちゃんの世話を普段してくれていて、
自分はおっぱいをあげるのだけが仕事、と笑っていました。
 
これって、本当にその通り!素晴らしい!と思ってしまいました。
おっぱい以外の仕事は、家事も含めて他の人に代わってもらえるんですよね。
それが夫であれ、母(おばあちゃん)であれ、外部の人であれ。
 
私も含め、ベビーシッターや家事代行を頼むことが少ない私たちは
(もちろんそれらの費用が高いことも原因の一つですが)
ついつい、おっぱい以外の子育ても家事も、一人でがんばろうとしがちです。
 
おばあちゃんが近くにいても、また手を差し伸べようとしてくれる人がいても
お願いするのは悪い、と思って、一人で抱え込んでしまう。
 
でも
おっぱいをあげることだけは、他の人では代われない」
ということは、逆に言えば、
おっぱい以外はなんでも他の人に任せられる」
ということ。
 
こんな風に変換できると、ずいぶん楽になるんじゃないかなと思います。

香港旅行

最近、周囲の友人のプチブームは、ご両親といっしょの海外旅行。

わが家では、父は一度だけ、母は一度も海外経験がない、
でも体は元気だし、新しいもの好きだし、と、
子どもたちも予定が奇跡的に合い、両親とも同行できそうな日程で
近場&食事が美味しい香港旅行を計画しました。

(こういうことを考えると、ホントに子どもが小さい間はどれだけ旅行のスケジュールが立てやすいか!と思います。)

しかし、最終的に、どうしても行く自信がないということで
無理をするとよくないと、両親分は、ぎりぎりになってキャンセル。
残念ですが、仕方ありません。

ホテルは、星付きのホテルから、サービスアパートメントに変更し
残るメンバーのみで週末香港。
現地に住む後輩とミシュラン一つ星(でも安い)のレストランと
街歩きを一緒に楽しみました。
(残念なのは、彼女の赤ちゃん(今4か月)を連れてくるはずが
ご家族の予定がつかず、会えなかったこと。)

二日しかないので、朝から夜遅くまで歩き回り、食べまくり

・・

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる

自動代替テキストはありません。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物、室内

画像に含まれている可能性があるもの:コーヒーカップ、飲み物

相変わらず疲れに行ってるみたいな旅行ですが、楽しめました。

新聞マルシェシンポジウム

特命教授をつとめる茨城大学で、

茨城大学、茨城新聞、茨城県三者共催の新聞マルシェシンポジウム。

県広報監の取出さん、茨城新聞社の沼田さんの講演から始まって、

高校生3校、大学生3チームのプレゼン。

受付に展示された新聞バッグも可愛いー。

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、室内