コロナ禍での子連れ在宅ワークアンケート結果

5月20日から6月2日までの2週間、ニンプスラボさんと共同でオンラインでアンケートを行いました。

対象は2歳までのお子さんを持つ母親で、父親や大きいお子さんお持ちの方はお答えいただけなかったのですが、

それでも、364名の方にご回答いただくことができました。

その結果を様々に分析しているのですが、まずはそのデータをご紹介したいと思います。

「ニンプスラボ」と東京大学大学院客員研究員光畑由佳さんによる、共同調査へのご回答のお願いです。

在宅勤務・テレワーク・子連れ出社に関するアンケート

2歳までのお子さんがいらっしゃるママが対象の、在宅勤務・テレワーク・子連れ出社に関するアンケートです。選択式がメインの5分ほどでお答えいただける内容です。

ご回答いただいた内容は、東京大学大学院客員研究員光畑由佳さんの研究として活用させていただきます。また光畑由佳さんの執筆記事や「ニンプスラボ」で記事化の可能性もございます。なお、お答えいただいた内容等は、個人が特定されるような形で掲載することはございません。

 

お住いの都道府県を教えてください(カッコ内は人数、以下同様)

 

お子さんは第何子ですか。

 第一子の方が過半数。第四子の方もいらっしゃいます。

 

現在、お仕事をしていますか(家事や育児もお仕事ですが、ここではそれ以外の会社や自営などのお仕事を指します)

 産休・育休の方も多く、働いている方は226名。妊娠出産を機に退職された方も26名いらっしゃいました。

 

上記で「はい」の方に伺います。 現在の勤務状況を教えてください

 テレワークを経験されている方が過半数。

 

在宅勤務・テレワークをしている方に伺います(回数は問いません)。 お子さんはどのようにしていますか?(複数回答可)

 在宅勤務をされた方のうち、お子さんを自分で見ながら仕事をされた方が過半数。

 

在宅勤務・テレワークをしている方に伺います。 仕事のはかどり具合は?

 半数はお子さんを預けながらの在宅ワークですが、100%はかどっている方は14.5%。20%以下の方も45%と半数近い。

 

在宅勤務・テレワークをしている方に伺います。 以下のうち、在宅勤務期間に感じる困りごとがあれば教えてください (複数回答可)

こど

  「仕事に集中できない」がトップですが、子連れで働いた方だけで見ると、トップは「子どもの相手が十分できない」に。子どもへの心配事がより目立ってきます。ちなみに、「夫と、もめごとや言い争いが増えた」や「身だしなみに気をつかわなくなった」を選んだ方は、

 

在宅勤務・テレワークをしている方に伺います。 家で仕事をしてみて「よかったと感じること」を教えてください (複数回答可)

子どもといられる時間が増えた、子どもの成長が見られる、といった意見が上位に。選択肢が少ないのですが、何も選ばなかった人は、「困りごと」と同じくいらっしゃいませんでした。

 

家でお子さんを見ながら仕事をしている方に伺います(週数回の方も含みます)。 仮にコロナが終息したとして 今のような在宅での、子連れワークスタイルについてどのように感じますか 近いものをひとつお選びください

「避けたい」「できれば避けたい」合計が約50%、「たまにはいいと思う」「続けたい」が約45%。以外と拮抗しています。

 

職場に子連れ出勤・出社をしたことはありますか

過去に経験のある方は15%。一度くらいは経験のある方は、以外といる。

 

とても興味がある、まあまあ興味がある、どちらともいえない、あまり興味がない、全く興味がない。興味ある人が半数以上。

 

あなたの職場では子連れ出勤/ワークは可能ですか

「はい、以前から可能だった」「はい、新型コロナウィルスの影響で最近可能になった」逢せて15%弱。制度がある職場も増えてきた。

 

新型コロナウイルス流行の前を思い出していただき、あなたは以前から子連れ出勤や在宅での仕事にご興味はあったでしょうか。

子連れ出勤に興味があった、子どもを見ながら在宅で仕事をすることに興味があった、両方に興味があった、合計で60%以上。どちらにも興味がなかった方は35%。

コメントもたくさんいただいていますが、また別の日に。

全体としては、多くの方が子連れワークは、確かにネガティブ(たいへん)ではあるけれど、同時にポジティブ(子どもといられる幸せなど)な面も感じていることにほっとしました。もちろん誰もがその思いを持っているはずなのですが、あまりに忙しかったり苦しいと、ポジティブな気持ちを思い出す余裕もないものですから。良い点を挙げなかった方はいらっしゃらなかったのです。

これらの回答を細かく見ていくと、また面白い傾向が出てきて、子連れワークを気持ちよくこなすには、いろんな外的要因がありそうな気配です。

これらは少しずつ分析を進めて、他のメディアや論文でお伝えしていく予定です。

アベノマスク

わが家には昨日到着。最終段階だったんですねー

 
 
このウェブサイトについて
 
HUFFINGTONPOST.JP
 
布マスクを巡っては、検品を強化することになったため配布が遅れていた。

データ消失!

週末まるまる二日かけて、講義を受けながらなんとか仕上げたアンケート結果。

だいぶ見やすくなって、ここまで来たらあと一息、と今パソコン開いたら、

この間になぜか再起動かかり、データが消えてた…。

明日だと操作を忘れちゃいそうだけど、ショックで立ち直れそうになく、やっぱり寝ます。

新型コロナの中での気づき。座談会に参加しました。

オブザーバー参加した座談会が、毎日新聞の記事になりました。

私はちょろっと話しただけですが、たくさんのママたちの声に、

ああそうだったよね、そうだったんだ、と、共感でき、振り返れるのではないでしょうか。

今だからこそ読みたい記事。

 
 
MAINICHI.JP|作成: 毎日新聞
 
 新型コロナウイルス禍の中で、親たちは在宅勤務や、休校・休園中の子どもたちの世話に追われた。中でも育児や家事を担う母親たちの負担は増えた。一方で、家族と過ごす時間が増え、新たな気づきもあったようだ。

Change.org

4月、5月とショップを閉めて感染防止につとめてきましたが、

実は多くのファッション小売店は家賃補助の対象にならず、高い家賃だけが出て行っている状況です。

青山ショップは、大家さんが家賃を少し下げてはくれたけれど、

それでも入るお金がない状況で固定費だけ出ていく状況は、もともと利が少ない授乳服、

しかもサロンとしての意味合いが強かっただけに、厳しい。

 

そして、私たちは小さなお店ですが、

たとえば多くのアパレルはもっと大きなお店=家賃がかかっています。

そしてすぐに皆がファッションに意識を向けるマインドに戻るかと、といえば、

今後も影響がしばらく続きそう

(私たちのような、授乳のために本当なら必要な服ですら、家にいるんだから我慢、という傾向が出ています)。

 

アパレルのお友達が少ない私のところにすら、

秋物はほとんど作れない、とか、在庫の山が、といった悲鳴を聞こえてきます。


そんな中、こんな取り組みが始まっているのを遅ればせながら知りました。

青田社長は、お店で子連れ出勤をされているのを通りすがりに発見して、

飛び込みでお話を聞かせていただいたこともある方。

牧原副大臣とも面会されたそうです。あと一息で5000人のようです。

 

「新型コロナウイルス感染予防対策に協力しているファッション小売店を
支援する救済策を求める要望書への賛同者を募ります」
 
このウェブサイトについて
 
CHANGE.ORG
 
新型コロナウイルス感染予防対策に協力しているファッション小売店を支援する救済策を求める要望書への賛同者を募ります

新型コロナウィルス対策~境町のふるさと納税~

幻の試乗会

山手線新駅が話題の今日ですがサフィール踊り子号も今日から運行。

新型コロナの影響で幻となった、試乗会の素敵な記念品とパンフレット。

ああ乗りたかったな~。というか、乗りに行きたい!

早く世の中が普段通りに戻りますように。

 

写真の説明はありません。
 
 
 

令和2年の卒業に。

22年前、モーハウスを始めるきっかけとなった次女の大学卒業式。

…だったはずの今日ですが、多くの学校と同じように、もちろん中止。

朝から同級生と遊びに行ってまだ戻ってきません。

卒業証書は郵送だそうで、あっけないなあと思っていたら、大学からはこんなメールが来たそうです。

先生たちの愛ですね。

卒業おめでとう!

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト
 
 
 

西安 

今回の西安、こちらの雑誌の情報を編集長より仕込んでいただきつつ行ってきました。

西安は日本でいうと京都のようなイメージ。

紀元前11世紀から10世紀にかけて周,秦,漢,唐など12の王朝の都となり、

唐の都「長安」として栄え,平安京のモデルとなりました。

空海が訪れたことも含め、日本とのかかわりも深く、

歴史の話はすっかり記憶の奥底でしたが、改めて読み直すとホントに面白い。

タイムリーにも、先月、遣唐使だった吉備真備の書が中国で見つかったばかり、とか。

吉備真備は、先だって水害に遭った真備町(倉敷)の人。さらに感慨深いです。

*コロナウィルスの流行で武漢は大変なことになっています。訪問時の西安はまったくその気配は有りませんでしたが

今後影響も出てくるかもしれません。皆さん無事でありますよう!上記の編集部の方々も支援を始めています。加油!

 
画像に含まれている可能性があるもの:2人、テキスト
写真の説明はありません。
画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:空、木、高層ビル、屋外

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

年始は、128神社のご祭神が合祀されている総社宮に初詣。

通称おっぱい神社と言われる軽部神社もこちらに祀られています。

神社の福引で破魔矢と甘酒をいただきました。

 

お正月番組でも多く取り上げられていましたが、

昨年末には出生数が86万人になったというニュースが出ました。
100万人を割ったのが2016年なので、このわずかな期間での減り方は衝撃です。

 

昨年の今頃、子連れ出勤のことを新聞で大きく取り上げていただきました。

しかし、その後、大臣の視察がきっかけで子連れ出勤が話題になった際には
「できるわけない」「やりたくない」「迷惑」というコメントも紹介されました。


皆の諦めと苦しさを思えば、子どもを持つことをためらう気持ちも理解できます。
でも、社会の中で子育てをすることは、本当にそんなに難しいものなのか、と

モーハウスにいるといつも思います。

 

その一方で「SDGs」という言葉は新聞で見ない日はないほど広まりました。

昨年は災害も多く、地球温暖化の影響を嫌と言うほど感じているからこそでしょう。

その持続可能な社会の実現のために、何をしていくべきか。
その肝は、私は、いかに本質的に生きるか、ということに近いように思います。

 

モーハウスがこれまでやってきたことは、少なくとも私にとっては、

いかに子育てを楽にするか、いかに楽しむかを、皆に伝えたいという

素直な気持ちにしたがっての活動だったと思います。

 

そして、どうやったら楽か、どうやったら楽しめるか、いろいろ試した末に、

それは、いかに本質的に生きるか、ということと結局のところ近い所に答があったと思います。

 

私たちはそこに向けて、どんなことができるのか。
良い年としていきましょう。
今年もよろしくお願いします。