試写会「パリの家族たち」

憲政記念館での試写会「パリの家族たち」(原題はall about mothers)。

遅れて会場に着くと、

女性大統領が執務室で我が子のおむつを替えている(!)シーンが目に飛び込んできました。

あーだから私を誘ってくれたのか、と思いつつ、観覧。

 

仕事、子ども、介護、養子、恋人、子連れ出勤。さまざまな「母」を取り巻く家族の形。

決してありがちな「母性賛美」ではない形で、

「母」にまつわる様々な複雑な感情を描き出していきます。

女性がその生き方によって分断されている今、ここまでその感情を描いた映像は稀有ではないかしら?


終了後、なんと来日中の監督と直接お話できました。

映画の中で、衝撃的なシーンがあります。

レストランでの会食に胸をはだけて授乳し、おむつ替えウェットティッシュを出す若い女性に、

一世代上の女性大学教授は自らの服をひきおろし、胸をはだけて食事をして見せます。

 

このシーンについて質問しようと思っていたら、私の紹介を受けた監督から

「あのシーンをどう思った?」と逆質問を受けました。

日本の女性が置かれている問題・・産んだかどうか、母乳かどうか、働いているかどうか、など、

本人がどうであるかとは関係ないところで分断が起きている、など、

日本の状況や思いをこちらから語り、質問を受け、

どういう意図であのシーンを作ったのか聞けずじまいでした。

 

でも、パンフにあった監督の言葉はその説明になっていると思います。

「生殖機能というものを、私は全く賛美していません。

母親はその地位によって、巨大な権力を持っていると思います。

あらゆる権力は有害・有毒かつ破壊的となる可能性があります。

(中略)母親であることは、ただ子どもを産むことよりずっと複雑だと思います」。

このシーンを日本の人たちがどのように捉えるのか、気になる所です。


さて、クライマックスの女性大統領の台詞には鳥肌が立ちました。

子どもができてから、これまでの仕事のキャリアや考え方がくつがえされ迷いつづけたこと、

完璧な母であろうとして苦しんだがそうでなくていいとすべての母親に伝えたいこと、

そして「4年前国民は女性を大統領に選んだ、来年は母親を選ぶだろう」という言葉。


自身も母であるマリー=カスティーユ・マンシオン=シャール監督の言葉には共感するものがたくさん。

最後に私の名刺の裏にあるモーハウスのキャッチフレーズ「子育ては“我がまま”でいい」をお伝えしました。

あ、ちなみに監督は、私の活動や授乳服(着ていたのです)を素晴らしいと言って下さり

パリで売ればいいのに、とも!嬉しい言葉です。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、立ってる
画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)

液体ミルクの備蓄に関する議論

数年前、液体ミルクに関して内閣府で話した際、

母乳育児が安心してできる環境との両輪となることが防災の意味でも必要とお話しました。

国会でこうした議論がなされるのは素晴らしいことだなあと。

国会を見つつ書き起こされた新生児科ドクターの投稿をシェア↓

 
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

昨日(3月13日)衆議院予算委員会の国会中継がありました。災害時の液体ミルク、国際規準、母乳育児支援についての質疑応答がありました。

質問内容は、災害時にはミルクを備蓄すれば良いと言うのではなく母乳育児支援が必要なこと、保健師/助産師/栄養士などの専門家による支援体制の必要性など・・・私たちがずっと言っていたことで、いつどこで私たちの言うことを入手したのかと思ってしまいました。
内閣側の答弁にも、母乳育児支援が重要と言う文言が何度も出てきましたが、こんな国会は初めてではないでしょうか?
国際規準にも「配慮して」男女共同参画の災害時の指針を来年改定すること、いま改定中の授乳・離乳の支援ガイドに災害時における母乳育児に関する支援のポイントなどを新たに盛り込む、とも言っています。

録画したので、さわりの部分をおこして紹介します。

公明党佐々木さやか議員 「・・・(液体ミルクの)各自治体の備蓄を後おしする観点から、液体ミルクの備蓄を国の方針にも盛り込んで欲しい。
その際には備蓄の方法について、母乳代用品の販売流通に関する国際規準、WHOコードにも配慮する必要がありますので、こういった観点も踏まえながら事例も収集、紹介していくことが効果的と思われますが、いかがでしょうか?」

片山さつき男女共同参画担当大臣 「男女共同参画の視点からの防災への取り組みの指針は(不備が指摘されているため)・・・・・、来年度有識者にご議論いただいて改定を予定しております。その際に委員ご指摘の液体ミルクも・・・粉ミルクと同様に・・・災害時に乳児支援に必要な物資への追加をしていきたいと思っております。またその際に国際規準のコードにつきましても、ご指摘のように改定においてははっきりと配慮させていただきたいと、かように思っております。」

公明党佐々木さやか議員 「赤ちゃんやお母さんを守るためには、必要な物資の備蓄だけではなく、お母さんが安心して母乳育児を継続できるための支援が必要で、ただ粉ミルクや液体ミルクを配ればいいというものではないわけであります。
避難所で授乳スペース、プライベートの確保できるスペースを作る、またお母さんが充分な食事ができるようにする、母乳育児について相談できる体制を災害時にも整える、こういう支援が必要ではないかと思います。
赤ちゃんを守る観点から、保健師さん、または助産師さん、栄養士さん、こういった専門の方々による災害時の母乳育児の継続と必要な栄養の摂取のための支援体制、こういったモデル的な体制を作っていくということも重要ではないかと思っております。
こういった災害時にも母乳育児を安心して継続できる、こういう支援体制についてはぜひ引き続き取り組んで欲しいと思いますが、厚生労働大臣如何でしょうか?」

根本匠厚労大臣 「災害時において母乳で育てたいと希望する方が、可能な限り母乳で育てられることを支援すること、これが重要なことと思っております。・・・・・・。
特に母乳育児については、安心して授乳ができるよう、今委員のお話にもありましたが、プライベートな空間の確保、これについても周知をいたしました。
また厚生労働省では現在保健医療従事者向けに授乳・離乳の支援ガイドを改定中で、ここに支援のポイントをまとめて改定を進めております。
これまでも◯◯している災害時における母乳育児に関する支援のポイントなどを、新たに盛り込む予定であります。今年3月中に新たに公表予定にしております。
今後ともこのような取り組みを通じて、災害時において母乳育児を希望する方への支援を行なっていきたいと思っております。」

全日本おっぱいサミットの記事


全日本おっぱいサミット、ご報告含めて記事が出ましたー!

今、まさに知っていただきたい内容。ぜひご覧ください。

また、ご協力ありがとうございましたー。

ブレストケアアンバサダー講座、スタートしました

ブレストケアアンバサダー講座、いよいよ始まりました。


胸=ブレスト部分の、思春期から女性の一生にわたるケアを

知っていただくための講座です(医療従事者・講師限定)。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

授乳中でない方をメインの対象にするという、モーハウス的には不思議な講座・・

ですが、授乳を考えてきたからこそできること、と考えています。


もはや伝説となった「モーハウスセミナー」を開いていた、

青山ショップ上のハナマルセミナールームは、

定員越えの16名の熱気でむんむん。

 

医療監修は産科医の吉野一枝先生。

医学部の女性差別問題への取材対応等で大忙しの中を縫って、

執筆・監修いただきました。

講座を練り上げたカリスマ助産師・三宅はつえ先生による、

西洋医療をベースとしたビート感あふれる講義に加え、

本場インドにも医療拠点を持つ新倉亜希先生によるアーユルヴェータ講座。


モーハウスって、授乳期のお母さんの会社でしょ、

と思われるかもしれませんが、もともと私がやりたかったテーマは女性。

たまたま切り口とした授乳服を通して、すべての女性が、

楽に幸せに自分らしく生きられることを目指しています。

 

この日集まってくださったのは、活動の中身は違えど、

同じ思いを持つ方ばかりだったと思います。


次回はこれから募集ですが、3月1日の予定です。

おっぱい大使任命

今週開かれた、京都市ソーシャルイノベーション研究所@京都信用金庫本店、

京都市の働き方改革事業チャレンジプログラム研修にて。

 

前回の研修の際、スタッフの一人が子連れだったせいか?

妙に盛り上がって、立候補者が5人も出てきた「おっぱい大使」。

本日、皆さんの前で名刺の授与を。

 

その後も、皆さんから「名刺ください!」と大好評だったようで。

こんな名称で大丈夫かなあと思ったけれど、良かったよかった。

 

ルーベンスとおっぱい

上野西洋美術館。

ルーベンス見に行っても、おっぱいが気になる。

こんな飲ませ方はしませんけどねー。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、テキスト
画像に含まれている可能性があるもの:1人、室内

おっぱいサミット、無事終了。ありがとうございました!

昨日の全日本おっぱいサミット、無事終了!

ありがとうございました。

 

時間が限られる中、裏でかなりディスカッション。

メンバーのうち二人は徹夜、一人は高熱の病み上がり、の中での開催。

いろいろ至らぬ点が多かったと思いますが、まずは大成功。

 

ウィメンズプラザ館長さんも「すっごく面白いですね!」と絶賛。

内閣府の皆さんにもおいでいただきました。

カウントしたところ、お子さん入れると約150名の方々にご参加いただきました。

クラウドファウンディングどご協力下さった皆様、協賛下さった皆様、ありがとうございました。

追ってご報告させていただきます。

画像に含まれている可能性があるもの:3人
画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる
画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人
画像に含まれている可能性があるもの:1人

5時に夢中!

なんとなんと、あのMXテレビ『5時に夢中!』で、

全日本おっぱいサミットが取り上げられたという情報が。

自動代替テキストはありません。

自動代替テキストはありません。

見てみると、まあ、絵面は何ですが、

まさに公共の場での授乳をいい感じで語ってくれている~。

マツコさんがいないのが残念。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)

 

(動画は、13:35くらいから出ます)

 

そして、無茶なスケジュールでのクラウドファウンディングと、

当日のご来場、お待ちしておりますー。

クラファン
https://faavo.jp/tokyo23/project/3231?fbclid=IwAR2SL77NqPeabcEWC8NCk1Ssxv-3hiKUPmVl0yz-_EVxcS2LPug4qiHuwjU

 

おっぱいというワードへの抵抗感

全日本おっぱいサミットを一緒に企画している、ライターのちかぞうさんから、

こんなリークがありました!

やはり、おっぱいというワードへの抵抗感あるんですねえ。ふーむ。

以下、ちかぞうさんのコメントです。

 

 
画像に含まれている可能性があるもの:画面

【全日本おっぱいサミット】がMXテレビ「モーニングクロス」

東京インフォメーションで紹介されました!

「公共の場での授乳を考える集いも開催されます」とアナウンスされたそうで

【おっぱい】とは言われなかった模様☆

パワーワードぶりを遺憾なく発揮中(いや主宰者としては遺憾ですけど)

10/27は【全日本おっぱいサミット】です

【拡散歓迎、むしろお願いします!】

カナダのDeborah Chan先生にモーハウス賞を

国際母乳哺育学会では、なんとJALC賞、メディカ出版賞と共に、

研究に対してモーハウス賞を出すという光栄なことに!

しかし何しろ国際学会、受賞者が最後までいらっしゃらないということで、

急遽お二人は会場で表彰。私も間に合わず、奥先生にプレゼンターをお願いしました。

 

カナダのDeborah Chan先生、おめでとうございます

「ヒト乳汁中ホルモンと、ある子ども集団におけるの3歳時の体組成の関係について」の研究です。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる
画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)、靴