消費者庁の皆さんが見学にいらっしゃいました

今日は消費者庁の皆さんが、つくばのモーハウスオフィスまで見学に。

事務所での子連れ出勤は、一見何でもないところに意味を見出してくださるかどうか。

一見簡単にできそうな中に、何が必要か感じて下さるかどうか。

 

今日いらした4人の皆さん、とても興味をお持ちいただき、

時間が足りなくなるほど議論が盛り上がりました。

今後、何かに生かしていただけるか?楽しみです。

 
画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、座ってる(複数の人)、子供、室内
画像に含まれている可能性があるもの:7人、、スマイル、立ってる(複数の人)、室内

首相官邸での会議

首相官邸での会議に初出席。経産省、厚労省の共同の会議です。
中途採用について様々な事例が紹介され、希望を感じました。
私も子連れ出勤を含めた多様な働き方のお話を。
そして数年経ってようやく首相に「女性が輝く日本へ」のスピーチで紹介頂いたお礼もお伝えできました。
写真は後ほど。

写真の説明はありません。
画像に含まれている可能性があるもの:2人
写真の説明はありません。
画像に含まれている可能性があるもの:3人、室内

試写会「パリの家族たち」

憲政記念館での試写会「パリの家族たち」(原題はall about mothers)。

遅れて会場に着くと、

女性大統領が執務室で我が子のおむつを替えている(!)シーンが目に飛び込んできました。

あーだから私を誘ってくれたのか、と思いつつ、観覧。

 

仕事、子ども、介護、養子、恋人、子連れ出勤。さまざまな「母」を取り巻く家族の形。

決してありがちな「母性賛美」ではない形で、

「母」にまつわる様々な複雑な感情を描き出していきます。

女性がその生き方によって分断されている今、ここまでその感情を描いた映像は稀有ではないかしら?


終了後、なんと来日中の監督と直接お話できました。

映画の中で、衝撃的なシーンがあります。

レストランでの会食に胸をはだけて授乳し、おむつ替えウェットティッシュを出す若い女性に、

一世代上の女性大学教授は自らの服をひきおろし、胸をはだけて食事をして見せます。

 

このシーンについて質問しようと思っていたら、私の紹介を受けた監督から

「あのシーンをどう思った?」と逆質問を受けました。

日本の女性が置かれている問題・・産んだかどうか、母乳かどうか、働いているかどうか、など、

本人がどうであるかとは関係ないところで分断が起きている、など、

日本の状況や思いをこちらから語り、質問を受け、

どういう意図であのシーンを作ったのか聞けずじまいでした。

 

でも、パンフにあった監督の言葉はその説明になっていると思います。

「生殖機能というものを、私は全く賛美していません。

母親はその地位によって、巨大な権力を持っていると思います。

あらゆる権力は有害・有毒かつ破壊的となる可能性があります。

(中略)母親であることは、ただ子どもを産むことよりずっと複雑だと思います」。

このシーンを日本の人たちがどのように捉えるのか、気になる所です。


さて、クライマックスの女性大統領の台詞には鳥肌が立ちました。

子どもができてから、これまでの仕事のキャリアや考え方がくつがえされ迷いつづけたこと、

完璧な母であろうとして苦しんだがそうでなくていいとすべての母親に伝えたいこと、

そして「4年前国民は女性を大統領に選んだ、来年は母親を選ぶだろう」という言葉。


自身も母であるマリー=カスティーユ・マンシオン=シャール監督の言葉には共感するものがたくさん。

最後に私の名刺の裏にあるモーハウスのキャッチフレーズ「子育ては“我がまま”でいい」をお伝えしました。

あ、ちなみに監督は、私の活動や授乳服(着ていたのです)を素晴らしいと言って下さり

パリで売ればいいのに、とも!嬉しい言葉です。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、立ってる
画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)

東雲で友人と

入学式関係で筑波大まで来ていた友人と待ち合わせ。

なんと「退職した夫が大学院に入学で」とのこと。

私も含め、周囲で子育て後半で学び直される方がとても多いです。

 

新しく学内にできたサザコーヒーを横目で見つつ(大混雑の模様)、

つくばらしいお店を求めてホテル東雲へ。

新作アップルパイ(リンゴ半分入り)とコーヒーのセット、

日本庭園を見張らせる優雅な席でいただいて600円とは、相変わらず破格です。

液体ミルクやら母乳やら大学院やら、いろいろ話が盛り上がるひと時。

日本庭園をバックにした写真、なんだか目出度げになりました。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外、食べ物

永岡桂子文部科学省副大臣にお目にかかりました

永岡 桂子 文部科学省副大臣を訪問しました。

地元なので、いろんなところでお会いはしているけれど、文科省のお部屋でお会いするのは初めて。

普通の女性の感覚を大事にされていて、お話ししていても、いつもいつも頷くことばかり。

初対面の時から話が盛り上がってしまった、気さくでわけ隔てのないお人柄。

副大臣椅子にお客様を座らせてくださるのが恒例とのことですが、不遜すぎて交代していただきました。

最近、学生に話をすることも増えてきて、数年前から高校の教科書にも載せていただいていて。

まだいろんな偏見に染まっていない学生たちには、いろんなことが響くことも感じています。

ぜひがんばっていただきたいです。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、座ってる(複数の人)、テーブル、リビング、室内
画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、座ってる(複数の人)、テーブル、室内

We Too Japan チャリティ・パーティ

週末に、白河桃子さんにお声掛けいただき、We Too Japanのチャリティ・パーティに出席しました。

さまざまなハラスメントをなくして行こうというムーブメントです。

年末にSPA!の記事に対して声をあげ、世界中からの賛同のもと、謝罪、そして対談を行った大学生たちVOICE UP JAPANも登壇

。ビザジャパンの安渕聖司さんは、トーク&チャリティオークションでの落札した権利を彼らにプレゼント、という粋さ。

豪華なメンバーでのトーク、贅沢であたたかいひと時でした。


前日は東京医大看護学科の謝恩会で、新学長にお会いしたのですが、なんと医大で同級生だったという香山リカさんも登壇。
さらに、ちょろっと関わった、先日の、医学部入試における女性差別対策弁護団トークイベントのメンバーお2人とも。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上
画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル、立ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、室内

東京医科大学看護学科の卒業謝恩会にて

昨日は、東京医科大学看護学科の卒業謝恩会に来賓として出席。

青山ショップで看護実習を受け入れているのです

先生方と学生たちの朗らかで仲の良い様子にほっこり。

 

そして、女性医師に代わった学長の、変革に向けての頼もしい挨拶も伺えました。

学長ご自身、働きつつ、保育所に駆けつけて授乳しつつ、の子育てをされてこられたとのこと。

ご経験を踏まえての今後に期待です。

画像に含まれている可能性があるもの:6人、、スマイル、立ってる(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル、立ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:1人、室内
画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)、室内

東京新聞さんにお邪魔しました

ぽっかり空いた時間にちょうどお誘いがあり、東京新聞さんへ。

元ユーザーの(偉い)お2人が会いに来てくださいました

(お一人は顔出しNGなのでちょっとだけ)。

 

そういえば先週末は子連れ出勤もご取材いただいていました。

同じ記事ですが、後ろのリンクは、昨秋スタートした「東京すくすく」。

関連記事を見ていくと、おっぱいサミットの話なども載っています。


コンセプトも共感するところです。
http://www.tokyo-np.co.jp/…/…/201902/CK2019020202000173.html

https://sukusuku.tokyo-np.co.jp/work/11329/

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、座ってる(複数の人)

地球環境パートナーシッププラザでの講演と茨城県人会

今日のGEOC(地球環境パートナーシッププラザ)での講演会、

モーハウス青山ショップの最初の店舗がお隣だった、表参道の国連大学で行われました。

(写真は、元茨城県広報監の塩原さんが撮ってくださいました!)

画像に含まれている可能性があるもの:光畑 由佳さん、室内

長野県参与の船木成記さんも来てくださって、久々の再会。

実は10年前私の子連れ出勤本のタイトルを付けてくれたり、

女性のチャレンジ賞をいただく時に官邸に初めて子ども

(といっても当時は高校生までしか許可が出なかった)

が入れるよう尽力いただいた恩人です。


お昼の県人会では、見事な司会をされたのが、

昨年インタビューいただいた茨城放送の渡辺さん。

最後に声をかけてくださり、美味しいイチゴをいただいた境町の横で記念写真。

しばしの楽しいひと時でした。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:2人、食事(複数の人)、食べ物

みんなで考える「医学部入試問題」のこれから

自分が当事者として差別を受けた怒りがないので、

割と抗議的な会に出ることはない私

(興味がないのではなく、私が参加することに説得力がないかなと)。

 

この会に参加したのは、正直、弁護団でモデレーターの佐藤さんと

産科医の宋美玄さんをお繋ぎしたご縁から。

応援に行こう、というくらいのノリでした。

 

でも、この事件の奥にあるたくさんの問題

ー高校までの教育の不平等、地域性(関西と関東でこんなに状況が違うとは!)、

医師の働き方、人々の意識などなどー、

誰もが人ごとではない問題であることに気づかされる濃い時間でした。

 

たくさん語りたいことはあるけれど、

中でも、中学生高校生といった世代への、

「女はがんばっても無駄なんだ」といった刷り込みをなくすためにも、

私たちがどんな態度を取るかが大切、といったメッセージには、

本当に共感しました。


レポートが出たら、ぜひ読んでみてください。

画像に含まれている可能性があるもの:4人、座ってる(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、座ってる(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、テーブル、室内