内閣府のページでの報告

内閣府より、掲載をお知らせいただきました。要旨がわかる説明もついています。

意見交換の際に大臣がおっしゃった

「仕事『も』子育て『も』(同時に)両立できるという、この『も』を実現させる働き方だ」。

うなずきながら伺った言葉です。

https://www.cao.go.jp/minister/1810_m_miyakoshi/photo/2019-001.html

 

【内閣府ページより引用】

宮腰内閣府特命担当大臣は、平成31年1月15日(火)、「特定非営利活動法人子連れスタイル推進協会」(つくば市)と「いばらき出会いサポートセンター 県南センター」(牛久市)を視察しました。
 「特定非営利活動法人子連れスタイル推進協会」は、子供を連れて出勤し、子供と一緒に仕事を行う「子連れ出勤」を推進しています。宮腰大臣は、実際の子連れ出勤の様子を視察した後、光畑代表理事から子連れ出勤の意義や導入の経緯につき説明を受け、実際に子連れ出勤をしている方々との意見交換を行いました。
 宮腰大臣は、意見交換やその後の会見において、「仕事『も』子育て『も』(同時に)両立できるという、この『も』を実現させる働き方だ。新しい施設を整備する必要もなく、企業の規模にかかわらず取り組める。想像していた以上に、これなら(ノウハウさえあれば)どこでも取り組めると実感した。この働き方は、働く人・企業の双方に大きなメリットとなる。また、女性だけでなく、男性にとっても意味のある働き方であり、男性の子連れ出勤も検討していくべき。こうした取組を更に広げていくため、地域少子化対策重点推進交付金の補助率の引き上げ等も検討したい。」と述べました。
 続いて宮腰大臣は、「いばらき出会いサポートセンター 県南センター」を訪問し、茨城県における少子化対策や結婚支援の取組と現状について説明を受けたのち、現場で結婚支援に携わっている相談員の方々との意見交換を行いました。茨城県は、地域少子化対策重点推進交付金を活用して結婚支援センターの運営や婚活サポーターの養成等を行っています。
 意見交換において、宮腰大臣は、「結婚支援の取組において、複数の自治体による広域的な取組は非常に重要。地域少子化対策重点推進交付金により、自治体の取組をしっかりと支援をしてまいりたい。」と述べました。

オープン前のupTsukuba

昨夕はオープン間際のupTsukubaにて打合せ。
の後、久々に会ったつくばプレイスラボの皆さん。
全日本おっぱいサミットのチラシに目をつけてくれた男子たち、
皆で来てね、ごつい男子歓迎!ということで記念写真。
 
つくば駅の近くのup Tsukubaは10月1日、私と同じ誕生日でオープン。
おっぱいサミットは10月27日です。
画像に含まれている可能性があるもの:5人、、スマイル、立ってる(複数の人)

G1茨城フォーラム

日本版ダボス会議G1サミットの、茨城フォーラム、終了しました。


ちょうど昨日表敬訪問した大井川知事はじめ、上月先生等国会議員の方々、

高橋水戸市長、五十嵐つくば市長、鈴木行方市長、山口笠間市長

県内外から170名ものリーダーが、

政財界・大学・研究者など、ジャンルを超えて集まりました。


代表、堀義人さんのオープニングセッションで紹介された、

3つのG1サミット精神(・批判よりも提案を・思想から行動へ・リーダーとしての自覚を醸成する)

には深く共感。

その精神にふさわしい議論や提案が続々と出てくる、エキサイティングなフォーラムとなりました。


ワークショップでは、「女性mw戦で考える働き方、地方の魅力と可能性とは」をテーマに、

軍地彩弓さんとモデレーターをつとめ、女性の幸福度No.1の街にする!という結論を。


クロージングセッションは、

ボードメンバーがステージに出て一言ずつコメント。

グループで盛り上がって出るのが遅れてしまったせいで、トリとなってしまいました。

「モーハウスのモーは妄想のモー。妄想を形に。とにかく行動してみる」とよく話している台詞、

ここで話すと何の違和感もありません。


朝のツアーから始まって、オープニングセッションから飛ばしっぱなしで夜中まで。

水戸ど真ん中再生プロジェクト、テクノロジー、ワークショップ、さらに茨城ロボッツの試合観戦にdinner。

その後も夜中まで盛り上がったとか。スタッフの皆さんも、参加の皆さんも、

ありがとうございました&おつかれさまでした。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、オンステージ
画像に含まれている可能性があるもの:14人、、スマイル、立ってる(複数の人)、靴
画像に含まれている可能性があるもの:2人、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人、コンサート、室内
画像に含まれている可能性があるもの:13人、、スマイル、立ってる(複数の人)

東京いいお産の日時代からのお友達 白河 三來 さんと

東京いいお産の日時代からのお友達 白河 三來 (Mirai Shirakawa)さんがつくばに~。

ララガーデンに貼ってあったチラシに彼女の顔を見つけてびっくり。

数年ぶりに昨年開いたおっぱいサミットで会ったばかりで、

今度はまさかつくばで、しかもララガーデンで会えるとは! 

講演後のスキマ時間でショップに来てくれたので、記念写真。

 
画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、立ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、テキスト
 

モーハウスの変遷と授乳服20年の歴史

20周年の記念展示。半日会場に座ってみました。

展示をじっくり見てたら、2002〜2004年くらいのパンフにも子連れ出勤へのメッセージが。

助産師による授乳服への考察とか、今読んでもなかなか面白いです。

自動代替テキストはありません。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル

自動代替テキストはありません。

自動代替テキストはありません。

ブラッセリードゥプラ閉店

今日の最後のパーティーには行けませんでしたが、大好きだった、つくば駅のブラッセリードゥプラがとうとう閉店。常陽銀行さんにご紹介いただいて以来、長い間お世話になりました。

今度の年末にスタッフを連れて行きたいと思っていたのに・・残念。

最後の食事では、いつもやらない記念写真。

画像に含まれている可能性があるもの:7人、、スマイル、座ってる(複数の人)、テーブル、室内
ここのクリエイティブなお料理は創造力を刺激してくれていましたし、

行くたびに誰かに会える交流の場でもありました。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

上の写真を撮った、私たちにとって最後の食事会も、

私が夜、別の場所でトークセッションを入れてしまい、

途中1時間半ほど抜けなくてはならなかったのですが、

 

結果として、その送迎をして下さった方が、上のメンバーと会いたがっていたり、

都内に帰るため同行したコーディネーターさんがスタッフさんと大学の同級生で

10年ぶりの再会だったり、と、最後まで出会いがある場所でした。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)

 

壁一面には、知事や市長だけでなく、ノーベル賞ホルダーの方や宇宙飛行士など

すごい方々のサインがいっぱい。

閉店10日ほど前に伺った時、つくばまで来て下さった大原美術館理事長にサインをお願いし、

どさくさで私も一緒にサインしてしまいました。


それにしても、筑波西武やレストランではスリ・ランカやフォーミールズ、

中心部の好きだったお店がなくなっていき、寂しいです。

これから食事はどこに行けばいいかなあ、おすすめあれば知りたいです。

筑波大学大学院講義「ワークライフミックス」1週目

筑波大大学院共通科目。
今年でもう4年目?5年目?

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上
全国20か所くらいの大学に毎年伺っていますが、
そのほとんどは、1コマか2コマ。
でも、この講義だけは15時間の集中講義で、単位もつけなきゃなりません。

タイトルは「ワークライフミックス」。
大学院の講義ですので、人数は多くはありませんが、
だんだんと男性比率が上がってきているような気がします。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、テーブル、室内

初日の今日は、座学+ショップでの見学・講義・質疑応答。
院生なので、年齢層もいろいろ。
以前会議でご一緒していた女性(子育ては終わってるかな)も受講してくれました。

反応もよくて、来週も楽しみです。

Campfire X Tsukuba 1周年イベント

昨年、はじめてクラウドファンディングにチャレンジした、campfireの1周年イベントに、

再び登壇。

画像に含まれている可能性があるもの:6人、、スマイル、テキスト

今年は、こんなセッションでした。

 

***

「クラウドファンディングで社会を変える」

つくば駅周辺のインキュベーション戦略を中心に、今後自分たちは社会を変えるために何ができるのか、そしてクラウドファンディングをどう活かせるのか、これからのつくばを担う経営者の方々とともに考えます。

タリーズコーヒージャパン創業者 松田公太さん
  ×
モーハウス代表取締役 光畑由佳さん
  x
筑波フューチャーファンディング理事 常間地悟さん

(モデレーター)
Tsukuba Place Lab代表 堀下恭平さん

***

 

私以外の三人は、皆さん筑波大出身。

つくばへの思い、また松田さんのタリーズを通して新しい価値を伝えたいという思い。

共感することだらけで、1時間があっという間でした。

 

実は、次善の打合せはほとんどなしで、

壇上で名刺交換からスタートという・・

なのに、とてもいいクロストークだった(と思ってる)のは、

共通するものがあるからなのでしょうね。

クラウドファンディングという、比較的新しいツールで、これらの思いは、本当に形にしやすくなっていると思います。

今日クラウドファンディングをスタートされた皆さんも、応援しています!

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:18人、、スマイル、テキスト

茨城新聞

モーハウスの姉妹団体、NPO法人子連れスタイル推進協会が、
本社のある茨城県の地元紙・茨城新聞で1年の連載を持つことになりました。

初回の記事は、なんと、新聞社の社長と私との対談。
たまたま思い付きで依頼いただいたのかと思いきや、
前々から頼もうと思ってたんですよ、と初めて聞いてびっくりでした。

母親の視点で、子育てのイメージをプラスに変えられるよう、
皆で記事を作っていきたいと思います。

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

ありがとう、筑波西武

筑波西武最終日。

世の中の流れにはさからえず、つくば市、いえ茨城県南唯一の百貨店

筑波西武が、本日で閉店しました。

自動代替テキストはありません。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、座ってる(複数の人)、室内

画像に含まれている可能性があるもの:4人、立ってる(複数の人)、室内

ここは、モーハウスが、商業施設として初めて子連れ出勤にチャレンジさせていただいた場所。

10周年のお祝い連続イベントもここで開かせていただきました。

画像に含まれている可能性があるもの:4人、立ってる(複数の人)、ストライプ

画像に含まれている可能性があるもの:ストライプ


この西武ができた時は、ミニシアターも二つあり、

ティンゲリーの作品が飾られていたとか。

かなりとがった施設だったのだろうと。


夕方、ベビーマタニティの売場に顔を出し、

そのまま去りがたく閉店までうろうろするうち、知合いとばったり。

筑波西武と同い年だという彼女と、記念に何か買おうとうろうろ。

(その後ベビーマタニティ売場に戻ったら、常陽銀行の皆さんも来て下さって感激!)、

 

店内には、花束を持っていらっしゃるお客様、

写真を撮る元スタッフと思われる方たち。

応援に駆け付けたと思われる西武の方たち、取材の方たち・・。

画像に含まれている可能性があるもの:5人、立ってる(複数の人)、室内
そして、最後に、お客様のお見送りをする店長とお会いできました。

筑波西武をこれから盛り上げていこう!と意欲あふれていらした店長。

直後に閉店が決まり、お気持ちいかばかりだったかと思います。

これで終わりにしない、と握手を交わしました。

自動代替テキストはありません。
去りがたく店内にとどまるうち、最後の客になってしまいました・・・。

ありがとう、さようなら、また会いましょう。