お茶の水女子大にて上野千鶴子さんの講演

お茶の水女子大にて上野千鶴子さんの講演。

お茶大同窓会である桜蔭会千葉支部の主催です。

 

なぜかご縁ある皆さんがジャンル違いなのにそれぞれに上野さんの講演を企画されるので、

毎回上野さんに、神出鬼没の光畑さん!?と言われます。

 

子連れ出勤へのネットの反応のお話をしたら、とても興味深いとのこと。

そうそう、上野千鶴子さんと言えば、かつてのアグネス論争、ですものね。

 

講演は、若い女性、男性に伝えたい内容。

小学校六年生の女の子もお父さんと出席していて、2人とも質問。素晴らしい。

東大祝辞でもお話されていたけど、

マララさんのお父さんが「どうやって娘を育てたか」と訊かれて、

「娘の翼を折らないようにしてきた」と答えたエピソード、印象的でした。


できたばかりの隈研吾さん設計の会館にて。

壁面タイルは日比野克彦さん。

画像に含まれている可能性があるもの:空、木、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:木、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル
画像に含まれている可能性があるもの:1人

石岡市地域福祉講演会【子連れプチ講演】

昨日は、新市庁舎落成、甲子園初出場も決まって盛り上がる石岡市に伺いました。

地域福祉講演会。地域での子育てをテーマに講演させていただきました。

福祉とは、市民に最低限の幸福と社会的援助を提供するという理念だそうです。

幸福と社会的援助は、行政からだけでなく、地域の力で実現できる部分が大きいと思います。


そして、第二部は市民の皆さんとの座談会。

その間に、元NHKニュースウォッチ9の気象予報士・井田寛子さんによる、プチ講演。

地球温暖化や将来の子どもたちのこと、災害のこと、とても楽しいながらも考えさせられる講演でした。


そして、なんとその講演には、井田さんの1歳になるお嬢さんも一緒に登壇。

抱っこ姿で、さらり、とこなされましたが、子連れ講演は今回が初、とのこと。

ちょっと思いついて市の方にご相談したら、ぜひに、と言っていただいて、

今回のチャレンジになったそうです。


ちなみに、井田さんは、沖縄との往復生活。

今日はご実家のお母様と三人での来場。

 

まさに「小さい頃からお出かけするといいよ」

「周囲の人がその後押しをしたり、一緒に出掛けてあげるといいよ」という

前半での私の講演でお話したお手本のようなパターンです。


先週子連れ司会をさせていただいた、弊NPOのスタッフ中田は、撮影に回りました。

座談会も、ベテランのお母さんたち、フロアの方々ともども、地域での子育てを楽しく語り合いました。

 

フロアからの

「子連れ出勤は、お母さんにとっての良さもあるけれど、子どもにとってもとても良い影響があると思います」

とのコメント、励まされました。
お声掛け下さった石岡市の皆さま、根本 博文 副市長、ありがとうございました!

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、室内
写真の説明はありません。

抱っこ紐安全協議会の講演

子連れ出勤と抱っこについての講演をしました。

せっかくの東大本郷キャンパス。

喜んでお土産を買ったのに、呼んでくれた皆さんとの写真はおろか、

会場とか赤門の写真も撮り忘れ。。

 

実は、今月から、東大の客員研究員にもなったのですが、

まだこれからなので、今日はお土産の袋の写真のみ。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

女子学生キャリア形成セミナー

武蔵嵐山、自然豊かな国立女性教育会館での女子大学生キャリア形成セミナー合宿。

女性リーダーのレジェンド、リーダーシップ111の共催です。

全国から集まった女子大学生に、

自分の選択を中心にいろんな伝えたいことをお話し、

さらにワークショップで話を聞きたい学生とディスカッション、

最後は大学の先生方とワイン会、気づけば夜中12時の長丁場。


学生と話していて今更ながら私が感じたのは、

とてもとても私自身が、話しやすいということ。

 

授乳服とか子連れ出勤という話をするとき、

自然と様々な立場の人に配慮しながら話しているのですが、

学生たちにとっての選択はこれから。オフレコということもあり、

生きることを楽にするであろういろんなことを、何でも伝えられる。

 

マインドセットをひっくり返しやすい。

ここのところ、大学で話すことに力が入るのって、これなんだと思います。

もっと、自由に生きよう。

画像に含まれている可能性があるもの:3人、光畑 由佳さんを含む、、スマイル
画像に含まれている可能性があるもの:植物、橋、木、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:1人
写真の説明はありません。

地球環境パートナーシッププラザでの講演と茨城県人会

今日のGEOC(地球環境パートナーシッププラザ)での講演会、

モーハウス青山ショップの最初の店舗がお隣だった、表参道の国連大学で行われました。

(写真は、元茨城県広報監の塩原さんが撮ってくださいました!)

画像に含まれている可能性があるもの:光畑 由佳さん、室内

長野県参与の船木成記さんも来てくださって、久々の再会。

実は10年前私の子連れ出勤本のタイトルを付けてくれたり、

女性のチャレンジ賞をいただく時に官邸に初めて子ども

(といっても当時は高校生までしか許可が出なかった)

が入れるよう尽力いただいた恩人です。


お昼の県人会では、見事な司会をされたのが、

昨年インタビューいただいた茨城放送の渡辺さん。

最後に声をかけてくださり、美味しいイチゴをいただいた境町の横で記念写真。

しばしの楽しいひと時でした。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:2人、食事(複数の人)、食べ物

足立区「出産や育児で働くことをあきらめないで」

東京都足立区の男女共同参画講演「出産や育児で働くことをあきらめないで」。

子どもが生まれても、子育て中でも、働くことをあきらめたくない。

そんな方たちのための講演会でした。

 

どうやって働こうか、迷っているお母さんたちの姿を感じつつ、

周りの方をどう巻き込んでいくかを含め

子育ても仕事も、「幸せに」できなくてはね、というお話を。

 

講演の前には、子育て情報誌miku編集長の高祖常子さんと

インタビュー受けつつランチ。

子連れ出勤、そうだよねそうだよね、と語りました。

こちらの記事もおたのしみに!

SAITAMA女性起業家交流会

先週につづき、今日も埼玉。

県主催の、SAITAMA女性起業家交流会での講演をさせていただきました。

見たことのある顔もいくつか。女性の起業がずいぶん広がってきたんだなあと

頼もしく、また、嬉しく思います。

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

辰巳渚さん出版記念講演会

昨日は、昨年急逝された辰巳渚さんの遺作の出版記念講演会でした。

鼎談の一人に加えていただき、「自立」をテーマに語り合いました。

会場が池袋コミュニティカレッジということもあり、

セゾングループや山口はるみさんのポスターにも話が及びました。


仕事はハレで、生活はケなのか? 

私がいつも言っているワークライフミックスや子連れ出勤は、

そんなところへの疑問が根っこにあります。

 

彼女が生活や家事を大切にしていたのは、

きっと私と同じ原点があるからなのかも、と改めて思いつつ、

そしてこのことはこれから大切になっていくこと、と思いつつ。


書籍の編集は、たまたまですが、私も旧知の文芸春秋井上さん。

アマゾンのシンプルライフジャンルで一位!という嬉しいお知らせ。

懐かしい写真を見ながら彼女の軌跡を振り返り。

 

そして、息子さんの挨拶。彼に宛てたかのような本なのですが、

彼の挨拶、本当に立派でした。
彼女の思いがこれからも継がれていきますように。

内閣府で子連れ出勤の講演

クリスマスの昨日は、内閣府の講堂で、自治体の皆さまへの講演でした。

内閣府こども子育て本部の主催です。


タイトルは「旧くて新しい働き方 子連れ出勤」。

来年は「子連れ」に力を入れたい、との内閣府の方からのご説明の後、

私からいくつかの事例をご紹介。


長年取り組み発信してきた働き方ではあるけれど、

この働き方をタイトルに、しかも行政の方たちに

お話する日が来るとは思いもよらなかったなあ。

 

同じ日にでた、笠間での子連れ出勤の記事、

クリスマスプレゼントのようでした。

自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上
画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル

辰巳渚さんの遺作出版記念講演

今年6月に急逝した辰巳渚さんの遺作が来月出版されます。
その講演会に私も関わらせて頂くことになりました。
故人を偲び、そして新たに学ぶ機会になりますように。
 
画像に含まれている可能性があるもの:1人、テキスト