パパの子連れ出勤

久々のつくいち。つくばで月イチ開かれる人気のマーケットです。

もっくんコーヒーでは、私には見慣れた子連れ仕事の景色。

(以前モーハウスの建物でも子連れでカフェをやってくれていたのです)

「パパの子連れ写真」のリクエストもいただくので、撮らせていただきました。

親子共に仕事慣れしてますねー。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、食事(複数の人)、子供、食べ物、屋外

試写会「パリの家族たち」

憲政記念館での試写会「パリの家族たち」(原題はall about mothers)。

遅れて会場に着くと、

女性大統領が執務室で我が子のおむつを替えている(!)シーンが目に飛び込んできました。

あーだから私を誘ってくれたのか、と思いつつ、観覧。

 

仕事、子ども、介護、養子、恋人、子連れ出勤。さまざまな「母」を取り巻く家族の形。

決してありがちな「母性賛美」ではない形で、

「母」にまつわる様々な複雑な感情を描き出していきます。

女性がその生き方によって分断されている今、ここまでその感情を描いた映像は稀有ではないかしら?


終了後、なんと来日中の監督と直接お話できました。

映画の中で、衝撃的なシーンがあります。

レストランでの会食に胸をはだけて授乳し、おむつ替えウェットティッシュを出す若い女性に、

一世代上の女性大学教授は自らの服をひきおろし、胸をはだけて食事をして見せます。

 

このシーンについて質問しようと思っていたら、私の紹介を受けた監督から

「あのシーンをどう思った?」と逆質問を受けました。

日本の女性が置かれている問題・・産んだかどうか、母乳かどうか、働いているかどうか、など、

本人がどうであるかとは関係ないところで分断が起きている、など、

日本の状況や思いをこちらから語り、質問を受け、

どういう意図であのシーンを作ったのか聞けずじまいでした。

 

でも、パンフにあった監督の言葉はその説明になっていると思います。

「生殖機能というものを、私は全く賛美していません。

母親はその地位によって、巨大な権力を持っていると思います。

あらゆる権力は有害・有毒かつ破壊的となる可能性があります。

(中略)母親であることは、ただ子どもを産むことよりずっと複雑だと思います」。

このシーンを日本の人たちがどのように捉えるのか、気になる所です。


さて、クライマックスの女性大統領の台詞には鳥肌が立ちました。

子どもができてから、これまでの仕事のキャリアや考え方がくつがえされ迷いつづけたこと、

完璧な母であろうとして苦しんだがそうでなくていいとすべての母親に伝えたいこと、

そして「4年前国民は女性を大統領に選んだ、来年は母親を選ぶだろう」という言葉。


自身も母であるマリー=カスティーユ・マンシオン=シャール監督の言葉には共感するものがたくさん。

最後に私の名刺の裏にあるモーハウスのキャッチフレーズ「子育ては“我がまま”でいい」をお伝えしました。

あ、ちなみに監督は、私の活動や授乳服(着ていたのです)を素晴らしいと言って下さり

パリで売ればいいのに、とも!嬉しい言葉です。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、立ってる
画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)

東京新聞、東京すくすく

以前取材いただいた東京新聞。

こちらは取材風景。たくさんのスタッフの皆さんで、青山ショップに来てくださいました。

皆さんとの会話、取材とはいえすごく楽しかったです。

その記事が出ました。こんなに大きく!

そして、やさしく柔らかいイメージ。ありがたいです。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル

ママ記者(しかもユーザーさん)が多い東京新聞の編集部、一味違います。

奇しくも同じ日に開かれた同社のイベント、坂本美雨さんがご出演。

こちらもモーハウスともご縁があるという不思議。

写真の説明はありません。

国際女性会議

国際女性会議WAW!

今年はW20、さらにノーベル賞を受賞されたマララさんのスピーチ、ということもあり、すごい人。

受付待ちが長蛇の列。

一緒になった女の子は小学校一年生。世界の戦争をなくす仕事をしたいそうです。

(そしてお母さんはユーザーさんでした!嬉しい)

会場では生後4ヶ月の赤ちゃんも発見。

こうした風景も素敵。

画像に含まれている可能性があるもの:1人
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内

東海村男女共同参画講演会、司会は子連れ


毎回お手伝いをさせていただいている東海村男女共同参画講演会、

今年は、林家まる子さんをお迎えしています。

 

楽しくて笑いの絶えないお話。時にほろり。

まる子さんとは、10年以上前に取材に来てくださって以来のお付合いですが

彼女の苦労、そして明るさで乗り切ってきた姿、それから子育てより大変だったこと?と

あっという間の一時間でした。

 

司会のNPO子連れスタイル推進協会の中田は

子連れ司会をさせていただきました。

毎回、男女共同参画ではチャレンジングな講演会をOKしてくださる東海村、

ホントにダイバーシティです。

 

終了後は、皆さん、子どもの未知なる能力に感心してくださいました。

男性の部長さんがこのスタッフに声をかけました。

「この子はあの場では静かにした方がいいと、空気を読んでた感じがするね」と。

そして赤ちゃんは部長さんに抱っこされました。にこにこと。

部長さんは「こんな赤ちゃんがいるんだねえ!」と驚いていました。

「え?」と聞き返すと、

「知らない男の人に抱っこされたら、ふつう泣いちゃうでしょ」と。

確かに。

 

でも小さい頃からいろいろな人に会ってると(ダイバーシティ!)

人懐っこい子になるなあとは、いつも感じています。

皆さま暖かく受け入れて下さり感謝です。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、テキスト
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、靴、子供
画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる

全日本おっぱいサミットの記事


全日本おっぱいサミット、ご報告含めて記事が出ましたー!

今、まさに知っていただきたい内容。ぜひご覧ください。

また、ご協力ありがとうございましたー。

地球環境パートナーシッププラザでの講演と茨城県人会

今日のGEOC(地球環境パートナーシッププラザ)での講演会、

モーハウス青山ショップの最初の店舗がお隣だった、表参道の国連大学で行われました。

(写真は、元茨城県広報監の塩原さんが撮ってくださいました!)

画像に含まれている可能性があるもの:光畑 由佳さん、室内

長野県参与の船木成記さんも来てくださって、久々の再会。

実は10年前私の子連れ出勤本のタイトルを付けてくれたり、

女性のチャレンジ賞をいただく時に官邸に初めて子ども

(といっても当時は高校生までしか許可が出なかった)

が入れるよう尽力いただいた恩人です。


お昼の県人会では、見事な司会をされたのが、

昨年インタビューいただいた茨城放送の渡辺さん。

最後に声をかけてくださり、美味しいイチゴをいただいた境町の横で記念写真。

しばしの楽しいひと時でした。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:2人、食事(複数の人)、食べ物

千鳥会・新春交流会

賀詞交換会、新年会の一日。

1200人もの人が参加の千鳥会、さすが美味しい食材揃いの茨城県生協連の新春交流会、

そして気のおけない大学同窓3人での新年会。

 

社会のあり方、子育て、働き方についても語り合いました。

よく喋り、よく食べ、今年もいろいろ動かなきゃなーと思った一日。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内
画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、座ってる(複数の人)、食事(複数の人)、スーツ、室内
画像に含まれている可能性があるもの:食べ物
 

平成30年度家族や地域の大切さに関する作品コンクール表彰式

内閣府、家族や地域に大切さに関する作品コンクール表彰式。

昨年と同じく、ベネッセの伊久美亜紀さん、産科医の吉田穂波さんと共に、


審査員として列席しました。

 

地域や家族に見守られている様子が伝わってくる写真や作文、

本当に涙腺が弛むような素晴らしい作品が揃いました
ケーキの写真は、表彰式後の宮腰少子化担当大臣との懇親会。

子どもたちも一緒に!

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト
画像に含まれている可能性があるもの:食べ物
 
 
 

東海村の男女共同参画フォーラム

今日は、東海村の男女共同参画フォーラム。

こうした取組みを長く続けている東海村、

私たちモーハウスも男女共同参画でも協定を結んでわずかながらお手伝い。

継続的な村を挙げての取組みに、少しずつ共同参画を推進する事業所も増えています。

 

この日は棒田 明子さんの講演を中心に、

男性保育士、教師たちによるファニーずさんのステージ、

標語授賞式、交流会と一日かけての催し。

 

共同参画って難しそうな言葉だし、

フェミニズムのようなイメージがあるかもしれませんが、

私は以前から、男も女も、みんなが楽に自分らしく生きられることだと思っています。

 

今日は楽しいステージや子育てのお話、

そこに企業の皆さんも参加されて、

私が思う共同参画のイメージが広がってきたなあと嬉しくなりました。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル