つくばのララガーデンショップ再開です!

緊急事態宣言が開け、久々にモーハウスLaLaガーデンショップ再開しました!

店長、前店長揃っての一枚。マスクも少し入荷しましたよ。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内


 
 

つくばショップ営業再開のお知らせ

今日の緊急事態宣言解除を受け、20日から営業再開することになりました。

数年前から、十分ソーシャルディスタンスが取れる広さ&開口部の広い場所に移転していますが、

アルコール消毒等も含め、十分配慮をしてお迎えできるよう、スタッフが一生懸命準備中です。

再開のお知らせに、「おめでとうございます!」の声まで。油断しないで、少しずつ日常を取り戻したいですね。

 
画像に含まれている可能性があるもの:テキスト
モーハウスつくばショップ

【つくばショップ営業再開のお知らせ♪】

休業中、皆さまにはご不便ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。

政府による休業要請の緩和を受け、5月20日(水)から営業再開することとなりました。

営業時間につきましては、【10:00~19:00】と 1時間短縮をさせていただきます。

なお、感染防止対策として、混雑時には入店制限をさせていただく場合もございますので、予めご了承くださいませ。

その他ご不便をおかけすることも多々あると思いますが、皆さまにお会いできる事をスタッフ一同楽しみにしております。

茨城県利根町と協定を締結

昨日は、茨城県利根町との「子育て支援等に関する協定」の締結式でした。

 

マスクをしたままでの協定式は初めてのこと。外部の方は入らず。

記者発表は後日改めて、となるそうです。

 

米の妖精「とねりん」もマスクしたらどうですか?と話したら、

ホントにマスクをしてくれました!

 
 
 

つくばショップもお休みとなりました。

緊急事態宣言があちこちで発令され、感染される方も増えていて。

不安だらけの中、青山ショップに続いて、つくば店も8日から当面の間臨時が決まりました。
つくば店が入るララガーデンつくばが、社全体の方針として基本的に休館を決めたためです。


お客様は車でいらっしゃるし、お店はゆったりしていてソーシャルディスタンスも十分だし、

マスクも消毒スプレーも用意しているし、何より、ママたちがほっとしに来られる安全な場所、

と、これまで位置付けていたので、

その場所を閉めてしまうのは、皆さんに申し訳ない気持ちも大きいのですが、

まずは感染防止のため、方針に協力していきたいと思います。

 

引き続き、スタッフはオンラインショップでがんばってママたちを支援していきたいと思います。

こんな時に授乳服なんて、と思われているお母さんも多いと思いますが、

こんな時だからこそ、ストレスを減らすために使っていいんだよ、とお伝えいただきたいです。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

つくば店もお休みとなります

政府の緊急事態宣言に鑑み、つくば店のあるララガーデンつくばも

基本的に全館休館となりました。

これに伴い、モーハウスつくば店も、当分の間お休みとなります。

4/8 (水)  臨時休館のお知らせ  ※4/7更新

つくば店は、基本的に皆さん、車でいらっしゃるし、

風通しも良く、ソーシャルディスタンスも十分のスペース

そして、ママたちにくつろいでゆっくりしていただける場所でしたので、

安全だと思っていたのですが・・

状況が落ち着くまでは方針に従ってご協力していきます。

 

こんな時だからこそできること、考えていきたいと思いますし

がちがちになった体をふわっと包んであげられるよう

オンラインショップはがんばって運営していきます。

どうぞ皆さんお気をつけて。

青山ショップスタッフから週末休業のメッセージ

青山ショップも週末お休みをいただいています。

スタッフの思いをご覧ください。

 
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、赤ちゃん

《新型コロナウイルス感染拡大に伴い
いま私たちが考えていること》

国内外で新型コロナウイルス感染に罹患された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の早期回復と1日も早い感染の収束を心より祈念申し上げます。

モーハウスはお客様、お取引先様、従業員の安全確保のために努めて参ります。
そして、このような環境の中でも、ママとお子様との授乳タイムがストレスの無い、快適な生活となりますよう支援して参りたいと考えています。

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、モーハウスに勤務する90%以上のスタッフが子育て中ママのため、
直営店舗の営業時間の短縮、店舗イベントの自粛や中止、本社/青山ショップ/つくばショップの週末の営業を休止とさせていただいております。
お客様には大変なご迷惑をおかけしてしまいますが、何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。(詳細は下記を参照ください。)

新型コロナウイルスの影響でご出産準備がなかなか進まなかったり、小さなお子様と一緒に過ごす中で、毎日不安なお気持ちになることが多いと思います。

私たちモーハウスは、ご自宅にいても、外出先でもママが楽に過ごせる、快適な授乳服を通して、子育て中のご家族を応援したいと考えています。

大切なお子様の免疫力はママの母乳の栄養で補えるので、
大事な時期だからこそ、安全なママの授乳が大切だと感じています。
母乳育児を続ける有効性について、詳しくはこちらをご覧ください。
https://jalc-net.jp/covid19_jalc.html

モーハウスは、ママとお子様の快適な授乳ライフを支える事ができるよう、ママに寄り添った商品開発や運営企画をして参ります。
今後ともご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

先が読めずにお家にいてもなんだか息が詰まってしまう時は、ご近所の公園へお散歩したり、ご自宅の窓を開けて日光浴をするだけでも気分転換になります。どうぞご無理の無い範囲で、ママのスイッチをOFFしてくださいね。

モーハウス公式オンラインショップでは、
お買い物に行きたくても行けない今だからこそ、よりお買い物を楽しんでいただけるよう様々なキャンペーンなどをご提案して参りますので、お買い物を楽しんでいただけますと幸いです。
shop.mo-house.net

【モーハウス 営業時間等変更のお知らせ】
●本社(茨城県つくば市)(TEL:029-851-7373)
4月中の土曜日の営業を休止させていただきます。(平日は通常通り営業しております)

※土曜日の商品に関してのお問い合わせは、専用フォームにて承ります。
※いただきましたお問い合わせは、翌営業日にご返答させていただきますので、予めご了承くださいませ。

直営店
●<青山ショップ> 東京都渋谷区(TEL:03-3400-8088)
東京都の夜間外出自粛要請を受け、しばらくの間モーハウス青山ショップの営業時間を短縮し、11:00〜17:00とさせていただいております。
また4/12(日)までの土日は臨時休業とし、代替として7(火)と14(火)に営業致します。

●<つくばショップ> 茨城県つくば市(TEL:029-875-8835)
茨城県つくば市の夜間外出自粛要請を受け、しばらくの間モーハウスつくばショップの営業時間を11:00〜20:00までに短縮させていただいております。
また、4月4日(土)・5日(日)は臨時休業とさせていただきます。

お出かけをご予定されていたお客様にはご不便をおかけして申し訳ありませんが、ご理解いただけますようお願い申し上げます。

モーハウスのオンラインショップ、リニューアルしました

このコロナ禍のさなか、毎日必死で進めていたオンラインショップのリニューアル、完成しました。

スタッフもがんばりました。たぶん買いやすくなってるはず。

んな時こそ体に負担がかからない授乳を。見てみてください。

写真の説明はありません。

日頃よりモーハウス公式オンラインショップをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
3月10日よりサイトリニューアルしましたので、お知らせいたします。
これからもより良いウェブサイトの提供を目指してまいりますので、今後とも宜しくお願いいたします。https://shop.mo-house.net/

授乳服の意義

コロナウィルスの影響で、外出を自粛される方が増えています。

授乳服っていらないのでは?と思う方もいらっしゃるかも。

そんな中、ちょうど昨日いただいたお客様の声。

授乳服は「子育てと社会をつなぐ」ために作ったものですが、

助産師さんたちからは、

「子育て時の体の負担を減らす」のにもいいよね、

と言われてきました。

 

「心の健康」と「体の健康」どっちも大事。

家でも使っていただきたいなあと思います。

 

「モーハウスいいらしいよと噂に聞いてたものの、

授乳服にわざわざお金使うのが嫌で一人めの時は買いませんでした。
でも、乳腺炎に苦しんだので、今回は少しでも楽に授乳できるように投資だと思って、

ブラとシャツを買ってみました。
そしたら、なんか楽!

シャツに穴が開いてるだけなのにこんなにスルッと授乳できるなんて。
一日に何回も行うことなので、身体に負担なく授乳できるのは魅力的でした。

ありがとうございます。」

休校対策としての子連れ出勤・親子同伴出勤の10のポイント


今海外にいるのですが、出発直前に、突然の新型コロナウイルスの感染拡大防止のため小中学校などへの全国休校を要請がありました。市町村ごとにできる限りの配慮をされてはいますが、やむを得ないこととはいえ、親にとっても勤務先にとっても子どもにとっても、どうしたら、という状況だと思います。

そんな中、私たちの会社では、休校になっちゃうんだよね」と言う時期も「市の対応が決まらない」という時期も、あまりスタッフが動じていなかった。なぜかと言えば「いざとなったら、会社に連れてくる選択肢もあり」だから、ということを飛行機に乗って出発を待つときに書きました。

ようやくネットが繋がるようになってぽつぽつと「親子同伴出勤を最終手段としてOK」にしたり(ストライプグループさん)、「従業員の子ども会社で自習OK」にしたり(岐阜の奥野工務店さん)というケースを目にするようになりました。病院でもいくつか(ニュースになっていないので具体名は書きませんが)必要に応じ同伴をOKとし臨時のキッズスペースを作ったり、託児を使っての子連れ出勤対応としたり、という話を聞いています。
休みが取れるようにとの要請ももちろん必要でありながら、仕事が回らない事業所もあるし、雇用形態によっては働き手の生活に関わってくるケースもあります。そんな中、子連れ出勤、という選択肢を持つことは、やっぱり危機管理になるのではないかなと思います。

さて、私たちの会社では20年以上子連れ出勤をベースに会社を運営してきていますし、私自身も研究員として、また代表をつとめるNPO子連れスタイル推進協会としても、様々な子連れ出勤の事例を取材したりお手伝いしたりしてきています。
歩く前や授乳中の低年齢の子や座っていられる小学生以上なら、一般に子連れ出勤自体はそれほど難しくない。案ずるより産むがやすしで、短時間で試験的にやってみてはどうでしょうか。
子連れ出勤の際のポイントをいくつかご紹介しますので、参考にしていただければと思います。

1. 出勤の際は、子どもへの負担を考え、混み合う時間を避けること。車通勤や徒歩での通勤ができるなら考えてみてもいい。
2. 子どもを連れていける環境かどうかを確認すること。たとえば危険物を扱う職場では難しいし、100人以上ワンフロアと言った職場では、休校にした意味がない。しかし、ごく小さな会社や、お店での接客など、一般に想像する以上に子連れ出勤可能な職場の範囲は広い。
3.子どものための空間ではない仕事場に、子どもが落ち着いて居られる時間は限られる。年齢により、状況により、勤務時間短縮も検討すること。
4. 子どもがいることも考慮し、家族も含め健康チェックはより慎重に行うこと。
5.仕事場では、子どもが興奮する遊び方よりも静かに集中できるような遊び方を推奨。
6. 年齢や人数にもよるが、子どもだけ別の部屋にするより、目が届く場所で、目の端で見守りつつ、という形がおすすめ。食卓で勉強させるイメージ。
7.場合によっては、仕事の簡単な手伝いは、子どもにとっても役立つ喜びがある。
8. 周りが、子どもも親も特別扱いしないこと。
9. 自分も周囲にも、仕事の生産性を落とさないように配慮すること。
10. 近所のおじちゃんおばちゃんのように、自分の子でなくても場合によっては注意し、見守ること。

まだまだあると思うのですが、とりあえず思いつくままに。

思い出すと、東日本大震災の際に、お母さんたちのために仕事を継続しようと決めました。テレワークももちろん取り入れていたのですが、結果的に、ほとんどのスタッフが子連れで出勤してきて、仕事を継続できた経験があります。こんな時だから、いつも通りの生活や仕事をすることが、スタッフたちにとっても心の支えになったようです。小学生や中学生や、場合によってはおばあちゃんも会社に来ました。子連れ出勤をはじめとした柔軟な制度や選択肢を持つことは、非常時の危機管理になる、と実感した出来事でした。

今、大変な状況ではありますが、会社の運営たのめの一つの方法として、こうした選択肢を試してみることは、結果としてより多くの方々が支え合って仕事や生活や子育てができる状況につながるかもしれません。

オンナのたしなみシリーズ第三弾【子連れ出勤の現場を肌で感じよう in ...
 
 
 

飛行機での授乳

飛行機内での授乳のことを調べてたら、こんな記事を発見。

少し前の記事ですが、すごくよくまとまっていて、飛行機に子連れで乗る方は是非読んでみて。

「知合い?」と思うくらいモーハウスの服を飛行機向け、と紹介してくれていますが、知り合いではありません・・。

私たちのところのスタッフも、もちろん飛行機移動に授乳は必須です。

(ちなみに、この記事をSNSでご紹介したら、国連の方とかJICAの方とか海外プロの女性たちが「私もモーハウスのおかげで!!」とコメントを下さったのも嬉しい!)

 
MAMANAVI.NET
 
今回は、0歳(6ヶ月)・2歳(2歳5ヶ月)連れで飛行機に乗ったので、実際に乗ったからこそわかる、上手な乗り方や効果のあったぐずり対策などをまとめたいと思います。