謹賀新年は、朝日新聞の記事から

あけましておめでとうございます。

元旦の朝日新聞に掲載された「平成@北関東」第一回の記事。

 

新聞の幅いっぱいの、びっくりするようなサイズの記事に、

「授乳服がママを自由に」「子連れ出勤 変わる常識」という大きな見出し。

そうであってほしいなあと願って活動してきた気持ち、そのままです。

 

一昨年、出席したIBMの有識者会議で初めて聞いた落合陽一さんの話には、

うなずかされること、考えが近いことが多かったのですが、

年始に読んだ『日本再興戦略』の中に、こんな記載がありました。

「ワークとライフを二部法で分けること自体が文化的に向いていない。

日本人は仕事と生活が一体化した『ワークアズライフ』の方が向いています」


昭和の後半にばらばらになってしまった「仕事」と「生活」のひずみ。

それを近づける潮流が出てきた時代が平成という時代だったのかもしれないと、

取材を受けるうちに感じました。

この一年、幸せな生活(子育て)と仕事に向けて大きく変わっていきますように。


記者さんは 、アナウンサーの木村さおりさんから紹介いただいた方で、

とても熱心に、かつ丁寧に、ララガーデンに、講演に、事務所に、

さらに子連れ出勤に取り組む笠間に、と、何度となく足を運んでくださいました

 

実は、息子の担任の先生を取材されたこともあったというご縁もありました。

お隣は、昨年倉敷の支援で境町と共にお世話になった、ふるさとチョイスの須永社長。

ここにももまたご縁が。

 

今年も皆さんにとって幸せでありますように。幸せな変化の起こる年でありますように。

ブレストケアアンバサダー講座、スタートしました

ブレストケアアンバサダー講座、いよいよ始まりました。


胸=ブレスト部分の、思春期から女性の一生にわたるケアを

知っていただくための講座です(医療従事者・講師限定)。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

授乳中でない方をメインの対象にするという、モーハウス的には不思議な講座・・

ですが、授乳を考えてきたからこそできること、と考えています。


もはや伝説となった「モーハウスセミナー」を開いていた、

青山ショップ上のハナマルセミナールームは、

定員越えの16名の熱気でむんむん。

 

医療監修は産科医の吉野一枝先生。

医学部の女性差別問題への取材対応等で大忙しの中を縫って、

執筆・監修いただきました。

講座を練り上げたカリスマ助産師・三宅はつえ先生による、

西洋医療をベースとしたビート感あふれる講義に加え、

本場インドにも医療拠点を持つ新倉亜希先生によるアーユルヴェータ講座。


モーハウスって、授乳期のお母さんの会社でしょ、

と思われるかもしれませんが、もともと私がやりたかったテーマは女性。

たまたま切り口とした授乳服を通して、すべての女性が、

楽に幸せに自分らしく生きられることを目指しています。

 

この日集まってくださったのは、活動の中身は違えど、

同じ思いを持つ方ばかりだったと思います。


次回はこれから募集ですが、3月1日の予定です。

共同研究の佐藤先生、テレビご出演

NHKの人気番組『あさイチ」に、授乳服の形状や効果の共同研究を数年来ご一緒している

佐藤真理子先生がご出演!

衣服の機能がご専門で、この日は、暖かく重ね着するポイントのお話。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、テキスト

先生との実験では、これまで、授乳服を着て授乳することによる

ストレスの減少や、体の負担の減少の可能性が示されています。

きっと授乳服を着たことがある方からしたら、そりゃそうでしょ!と

思われることかもしれませんが、こうしてデータを取って実証することは

やはり大切なんですよね。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内
実験室のサーマルマネキンの「あやちゃん」の写真取り損ねましたが、

私たちが学生の頃も、こうした人と同じような体温を持つマネキン人形で

実験していました。私たちも、「マネ子」と名付けてたなあ。なぜか名付ける伝統…

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内

画像に含まれている可能性があるもの:1人、食べ物、室内

森花子アナウンサーが、モーハウス服を着てのご出演

NHKアナウンサーの森花子さんからご連絡。

全国区(おはよう日本など)のスポーツニュースで

すっかり有名になり、水戸局に凱旋、

そして間もなく産休に入る(めでたい)森花子アナウンサーが、

モーハウス服を着てのご出演。光栄です!

なんだかアナウンサーのモーハウス率、密かに高い気がします。

 
画像に含まれている可能性があるもの:1人
 

おっぱい大使任命

今週開かれた、京都市ソーシャルイノベーション研究所@京都信用金庫本店、

京都市の働き方改革事業チャレンジプログラム研修にて。

 

前回の研修の際、スタッフの一人が子連れだったせいか?

妙に盛り上がって、立候補者が5人も出てきた「おっぱい大使」。

本日、皆さんの前で名刺の授与を。

 

その後も、皆さんから「名刺ください!」と大好評だったようで。

こんな名称で大丈夫かなあと思ったけれど、良かったよかった。

 

襟ショール

朝、表参道駅の紀伊国屋で、

最近、週に2回は着ているブランドmatohu のお2人とばったり!

 

ちょうどリリースしたばかりの襟ショール。

コラボでデザインいただいているお二人です。

彼らのお店は表参道ヒルズの正面。

モーハウスは青学の近く。

 

歩けば10分ほどの距離だけど、なかなかこんな風にばったり会うことはありません。

ショップに展示が始まった衿ショールに引かれたのでしょうか。

 

 

総社市の片岡市長、倉敷中央病院の渡部先生にお会いしました

お盆の岡山での写真。

被災者支援に大活躍されている総社の片岡市長にお会いしました。

 

以前シンポジウムでご一緒した倉敷中央病院の

新生児科の渡部先生にお会いしました。

皆さんからご支援を受けて行っている母子支援のご報告とお届け、

さらに液体ミルクの情報交換に。

 

毎度急きょながら、奇跡的にタイミングが合いました。

さらに片岡市長の背後からは、議員の橋本岳さん。

女性会議などでもニアミスだったので、

ここでお会いできるとはとびっくり。

最後の写真は総社のおっぱい神社。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:2人
画像に含まれている可能性があるもの:室内

岡山県助産師会で、無料での受入れと授乳服のお渡しが始まっています。

岡山県助産師会でのこちらの活動、災害後すぐから始まっていたのですが

昨日、倉敷市役所の方から、授乳服を提供してもらえないかとのお話がありました。

あれ、ご存知なかったのかも!告知不足でした!と思ったので、こちらでも改めて。

 

岡山県助産師会では、少しでも赤ちゃんとママが、安心して休養が取れるよう、

母子の避難入院・日帰り入院・乳児のお預かりを行って下さっています。

もともと全額をご負担いただく予定ではなかったそうなのですが、

多少なりとも費用がかかるのは、被災された方たちには負担であること。

また、授乳服も50着を、早い時期にお送りしてはいたのですが、

不足が考えられることから。

 

昨日ご紹介した通り、皆さまからのご支援をいただける仕組みに載せていただき、

下記助産院での受け入れを50名分、無料でお受けできるようになっています。

かねこ助産院(倉敷市)/たんぽぽ助産院(倉敷市)/くにさだ助産院(笠岡市)/うちかど助産院(倉敷市)/ゆうり助産院(岡山市))

お問合せは、岡山県助産師会(086・946・0891)へ。

授乳服のみであれば、モーハウス(029-851-7373)でも結構です。

ニキ・ド・サンファル展のオープニングレセプション

ニキ・ド・サンファル展のオープニングレセプション。

 

女性というテーマを考えるのに、避けて通れない作品です。

かつて父からの性的虐待も受け、怒りを込めた初期の作品から、

出産というフェーズへの出会いを機に、

力を持つ女性のカラフルで生命感あふれる作風に。

 

韓国展に先駆けてのプレビューで、

ニキ来日20周年の記念展でもあります。


コレクションを管理されている黒岩さんは、ご挨拶の中で、

限定30枚のニキ授乳服のこともご紹介下さいました

(なんとギャラリーの社長さんもお嬢さんにお買上げくださり、感謝!)。

 

ニキをイメージした美味しいお料理、

黒岩家のお子さん達がすっかりカッコよく成人されていたこと、

相変わらずカッコいいPARCOの先輩たち。

 

実はニキの最大のコレクターは、かつてのPARCOの社長の奥さんであるYOKOさんで、

これらの展覧会は、彼女のコレクションをもとに開かれます。


作品も購入できる!貴重な機会。

1週間という短期間の開催ですので、急いでお出かけください。

 

▽「ニキ版画展」
日  2018年4月4日(水)~4月11日(水)(8日・日曜定休日)
時間  11:00AM~6:30PM(最終日は5:30PM)
場所  GALLERY TSUBAKI (ギャラリー椿)
    〒104-0031
    東京都中央区京橋3-3-10第1下村ビル1F
    TEL 03-3281-7808
    http://gallery-tsubaki.net

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、眼鏡、室内
画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

潮来市と協定を結びました

昨日は、潮来市との協定式でした。

産後の切れ目ない支援として、

授乳服で赤ちゃんとのお出かけを、

一歳になったら絵本で図書館でのお出かけを、

さらに小学校入学時にはランドセルで地域の方々の見守りを、支援するプロジェクト。

 

市長はじめ、市の方々のご挨拶や意見交換も感銘を受けるものでした。

実は東京からのアクセスが良く観光資源も多い潮来。
今後ご一緒して行けるのが楽しみです。

 
画像に含まれている可能性があるもの:6人、、スマイル、座ってる(複数の人)、立ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:2人
画像に含まれている可能性があるもの:3人、立ってる(複数の人)