子連れ出勤報道に思うこと

一昨日の大臣の視察。

なんと昨日のYahooニュースのトップに2つも記事が紹介され、

反響も大きくてびっくりでした。

 

いろいろ議論も出ていて、まずは興味を持っていただける状況に感謝したいと思います。

そして、子連れ出勤を20年以上続けてきて、情報発信もしてきて、

働き方改革や子育て支援として「子連れ出勤」が注目される今。

この機会に、私たちが考える子連れ出勤を少し書いてみたいと思います。

 

子連れ出勤というのは、賛否両論が出る言葉ですし、

モーハウスでも失敗談はありますから、その気持ちはわかります。

それを踏まえての、皆にとって幸せな子連れ出勤をというのが、私のこだわりです。

 

大臣とお話した中で、子連れ出勤には、例えばこんな意義があると、経験上考えています

 

 ●会社にとっては、

 ・働き方の多様性が広がることで、募集しやすい

 ・育休中、他のスタッフへの負担の軽減

 ・育休後の復帰率が高い(復帰後のイメージつきやすい、休み中の情報キャッチアップ)

 ●子連れスタッフにとっては、

 ・社会の中での子育てに慣れることができる

 ・産後の孤立を防ぎ、自己肯定感を取り戻せる

 ・子育てへの不安がなくなる 

 ●子どもにとっては

 ・親の仕事への共感

 ・社会性を育む(人に慣れ、人の力を借りやすい子になる)

 ・ダイバーシティの育み(同年代でない人ともコミュニケーションが取れる

 

基本的には、私は、何が何でも子連れ出勤ではなく、あくまで選択肢の一つと考えています。

預ける方が楽だと思うスタッフは、保育所に子どもを預けて働いています。

自由選択で、多くのスタッフが子連れ出勤を選んでいます。

 

また、子連れに向く仕事と、難しい仕事はあります。

実際、モーハウスでは実験的に様々な場での子連れ出勤をしてきました。

結果として、たとえば、単純作業や、コミュニケーションの仕事はやりやすいですが、

危険を伴う仕事(まあこれは当然ですが)や、集中力を要する仕事は難しいと考えています。

また、電車移動の都市部よりは、車で移動できる地方の方が、取り組みやすいです。

 

さらに、子どもと一緒にいたいから働けない、という方への、もう一つの答だと思っています。

実際、モーハウスへの応募者には「保育園に入れなかったから入社したい」という方は稀です。

「子どもとまだ一緒にいたい。そのためには仕事はまだできないと思っていた。

でも両方一緒にできるのなら、やってみたいです」という人が多いのです。

一緒に働きたい人が子連れ出勤することによって、

より必要な人が質の高い保育所に預けられる安心に、少しでも寄与できるかもしれません。

 

人や環境がみんな違うように、全ての人に最適な回答となる働き方はありません。

万人に適用出来て、誰にも文句のない、完璧な働きやすい環境を待つのではなく、

少しでもみんなが働きやすい環境を積極的に作っていく事が必要でしょう。

その中で、子どもと仕事は分けるべき、という「常識」は疑ってみてもいいのではないかと。

その回答例の1つとしての提案が、子連れ出勤です。

 

子連れ出勤という言葉が一人歩きすると、職場に子どもがいるということだけに注目されますが、

子連れ出勤が目指すところは、子どもを育てながら働く人だけでなく、

子どもも働き手も、他の社員も、雇用側も、周辺地域も、誰一人取り残されてはいけないと考えます。

 

こんな環境を作るために、モーハウスでは、

お腹が空いた、おむつが濡れた、という子どもの欲求に早めに応えることがルールです。

結果として、子どもは落ち着いていられますし、親も職場も仕事に普段通りに取り組めます。

見学会や取材にいらした方々は、一般の職場とあまり変わらず静かなことに驚かれますし、

子どもも連れてきている親も、生き生きしていることにも感心して行かれます。

 

こうした帯同型の子連れ出勤での長年の経験をベースに、

私が代表をつとめるNPO法人子連れスタイル推進協会では、

テレワークやコワーキングスペース、事業所内託児などと組み合わせ、

地域、業務、働く人、雇用する側の事情に合わせた子連れ出勤を行政や企業に提案をし、

いくつかの企業でテスト導入が始まっています。

 

今後も、子連れ出勤が、働きやすい環境作りのきっかけになることを望んでいます。

 

【参考】

日本の人事部:小酒部さやかさんによる子連れ出勤取材記事

東洋経済:子連れ記者、子連れ出勤を体験してみた

Yahooニュースにも

なんと、昨日の大臣視察が、Yahooトップに2記事も掲載されてました。

子連れ出勤には、賛否両論のコメントつくだろうことも予想できるけれど、

でも実際見ていただければ、多くの声の答になるはず。

いずれにしろ議論のきっかけになればと思います。

画像に含まれている可能性があるもの:2人

https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main…

内閣府特命大臣が視察にいらっしゃいました

今日は、内閣府特命大臣の宮腰少子化担当相が、

子連れ出勤の視察につくば事務所までいらして下さいました。

は、モーハウスというよりも、NPO子連れスタイル推進協会の代表としてご案内。


大臣をお迎えするのは初めてのこと。

年末からの、県警の皆さんやSPの方々、県庁、内閣府の皆さんの丁寧な準備に感嘆

(事務所での意見交換のために、進行表や名札まで!)

画像に含まれている可能性があるもの:7人、波多野 禎さんを含む、座ってる(複数の人)
また、すごい数(確か17社)のメディアの方もいらっしゃり、

子連れ出勤へ関心を持ってくださる方が多いことにも感謝。

(その大量のカメラが一斉にシャッターを切っても動じない、

子連れ出勤の子どもの落ち着きっぷりにも注目が集まりました)

画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル


そして何より、にこやかに子連れスタッフに話しかけ、

「思った以上」に可能性を感じて下さった宮腰大臣に感動です。

視察には、国光あやの議員もご一緒くださり、フォローもいただき心強かったです。


子どもと一緒に過ごすこと=仕事をあきらめることではない。

多くの方に、働き方の可能性を知っていただきたいですし、

そんな職場が少しずつでも増えていきますように。

謹賀新年は、朝日新聞の記事から

あけましておめでとうございます。

元旦の朝日新聞に掲載された「平成@北関東」第一回の記事。

 

新聞の幅いっぱいの、びっくりするようなサイズの記事に、

「授乳服がママを自由に」「子連れ出勤 変わる常識」という大きな見出し。

そうであってほしいなあと願って活動してきた気持ち、そのままです。

 

一昨年、出席したIBMの有識者会議で初めて聞いた落合陽一さんの話には、

うなずかされること、考えが近いことが多かったのですが、

年始に読んだ『日本再興戦略』の中に、こんな記載がありました。

「ワークとライフを二部法で分けること自体が文化的に向いていない。

日本人は仕事と生活が一体化した『ワークアズライフ』の方が向いています」


昭和の後半にばらばらになってしまった「仕事」と「生活」のひずみ。

それを近づける潮流が出てきた時代が平成という時代だったのかもしれないと、

取材を受けるうちに感じました。

この一年、幸せな生活(子育て)と仕事に向けて大きく変わっていきますように。


記者さんは 、アナウンサーの木村さおりさんから紹介いただいた方で、

とても熱心に、かつ丁寧に、ララガーデンに、講演に、事務所に、

さらに子連れ出勤に取り組む笠間に、と、何度となく足を運んでくださいました

 

実は、息子の担任の先生を取材されたこともあったというご縁もありました。

お隣は、昨年倉敷の支援で境町と共にお世話になった、ふるさとチョイスの須永社長。

ここにももまたご縁が。

 

今年も皆さんにとって幸せでありますように。幸せな変化の起こる年でありますように。

笠間市での子連れ出勤への取り組み

昨日は、内閣府の講堂で「子連れ出勤」の講演をさせていただいたのですが、

なんと、同じタイミングで、笠間市での子連れ出勤の記事掲載!

びっくりです。


紹介されているコメント

「母親が伸び伸びと活動している姿をこどもに見せることが、

この働き方の最大の良さなのでは」。

本当に、その通り。

 

こうした姿を見て育つ子たちも、周囲の若い人たちも、

きっと子育てにポジティブなイメージが持てるはず。
ということで、笠間でも子連れ出勤への取組みが始まりました。

 
画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル

Yahooニュースで、倉敷支援紹介されました

先日の、境町と守谷市のふるさと納税代理寄付の贈呈が、

yahooニュースに出たそうです。

倉敷出身者として、二つの市町にとても感謝しているので、

こうして紹介していただけること、少しでも御礼ができた気がしてありがたいです。

 

それにしても、たくさんの取材が入っていた中(本来は二つの市町が倉敷市に

贈呈するセレモニーなので、私は部外者なのですが・・)、

なぜか私も写っているバージョンがyahoo に出るとは、恐縮過ぎます・・。

HEADLINES.YAHOO.CO.JP
 
茨城県境町の橋本正裕町長らが11月21日、「倉敷市ふるさと納税代理受付寄付金」を倉敷 – Yahoo!ニュース(みんなの経済新聞ネットワーク)

 茨城県境町の橋本正裕町長らが11月21日、「倉敷市ふるさと納税代理受付寄付金」を倉敷市に寄付した。

 同寄付金受領式には、茨城県境町の橋本正裕町長、同県守谷市の田中健副市長、授乳服などの製造・販売を行う「モーハウス」(茨城県つくば市)の光畑由佳社長が参加した。

[広告]

 ふるさと納税は、自分の故郷や応援したい市町に寄付でき、所得税や住民税が控除される制度。平成30年7月豪雨災害で被災した倉敷市のために、境町は7月7日から、守谷市は7月13日から代理で寄付金を受け付けた。集まった寄付金総額は、境町が1億4,549万3,561円、守谷市が4,716万9,254円。

 境町ではふるさと納税のほか、クラウドファンディングサイトで呼び掛け、集まった支援金185万1,982円でモーハウスの授乳服などを購入し、真備町の避難所などへ助産師会を通じて寄贈した。「モーハウス」社長の光畑さんは倉敷市出身。「境町とは『子育て支援に関する協定』を2015年9月に結んでいて、縁がつながったようでうれしい」と話す。

 伊東香織倉敷市長は「被災地に来てくれるボランティアの人たちのためにも、ボランティア活動の支援をしている倉敷市社会福祉協議会にも寄付金を使いたい。少しでも早く復興につながるよう使っていきたい」と話す。

「クイズ脳ベルSHOW」

昨晩放映の「クイズ脳ベルSHOW」で紹介いただきました。

すごいタイトルの番組・・と思いきや、普通に人気番組だったようで。

モーハウスの再現マンガまで公開!これほしいなあ。

最後の一発逆転をかけたクイズにしていただきましたが、残念ながら難しすぎた・・!?

 
画像に含まれている可能性があるもの:画面
画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、立ってる(複数の人)、画面
画像に含まれている可能性があるもの:2人、画面、子供
画像に含まれている可能性があるもの:画面

5時に夢中!

なんとなんと、あのMXテレビ『5時に夢中!』で、

全日本おっぱいサミットが取り上げられたという情報が。

自動代替テキストはありません。

自動代替テキストはありません。

見てみると、まあ、絵面は何ですが、

まさに公共の場での授乳をいい感じで語ってくれている~。

マツコさんがいないのが残念。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)

 

(動画は、13:35くらいから出ます)

 

そして、無茶なスケジュールでのクラウドファウンディングと、

当日のご来場、お待ちしておりますー。

クラファン
https://faavo.jp/tokyo23/project/3231?fbclid=IwAR2SL77NqPeabcEWC8NCk1Ssxv-3hiKUPmVl0yz-_EVxcS2LPug4qiHuwjU

 

笠間市との連携協定

笠間市と連携協定を結びました。

女性の多様な働き方に関する連携協定を、初めて笠間市と結びました。

茨城新聞さん、東京新聞さん、読売新聞さんと、3紙もの取材が!

たくさんの質問をいただいて、関心の深さに感動しました。

 

4年かけて、市長や職員の皆さんと議論してきた末の協定、

さっそく今年度から子連れ出勤に向けての取組みが始まる予定です。


また、協定の項目の中には、子育て中の女性の外出支援も謳われており、

これがはっきり書かれているのはすごいことです。

親子が自然にあふれる社会を目指していきたいですね。

http://kozurestyle.com/20181023ibarakinewspaper/

画像に含まれている可能性があるもの:2人

東京新聞 2018.10.22

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、テキスト

読売新聞 2018.10.22

画像に含まれている可能性があるもの:2人

ぜひ読んでいただきたい、素敵な記事

NPO法人SOARさんのサイトでご取材いただいた素敵な記事が出ました。

ライターさんが、赤ちゃん連れで取材してくださったという。

レアケースながら、このパターンは、以前の東洋経済の時もそうだったけど、

いつにもましてリアリティのある記事になるのです。

ぜひ読んでみてくださーい。

SOAR-WORLD.COM
 
電車やお店のなかで子どもが泣き出したらどうしよう。働き出したら一緒にいる時間が減って、寂しい思いをさせてしまうのでは。 子どもが生まれてから、そんな不安を抱えて、「お母さんだから」と、仕事や外出、自分…..