太陽の塔、上りました!

今日は太陽の塔と桜という絶景!

予約開始と同時に申し込んだ太陽の塔内部拝観、

倉敷から名古屋からつくばからと、

家族が大阪に集結、太陽の塔を愛でてきました。

 

内部は、48年間暗闇に眠っていた

地球の生命の進歩の歴史を象徴する生き物の彫像たちが、

当時の音響と共によみがえっていました。

 

撮影禁止なのは残念。

ちなみに、帰りの電車は、万博記念公園から万博記念公園(茨城)へ。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外
画像に含まれている可能性があるもの:空、木、屋外
自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外
自動代替テキストはありません。