同窓会と93歳のピアニスト

人生100年!をしみじみ感じた週末。

 

水戸での黄門料理を食す母校の同窓会から、

サントリーホールでの93歳のピアニスト、 ルース・スレンチェンスカさんのリサイタル。


同窓会では、米寿を迎える大先輩の全くお世辞抜きで若々しくおしゃれな姿に感激

(先日いただいた学長賞の「辻村みちよ賞」の辻村先生に教わったという方!)。

他の先輩からも、60代・70代からの大学院での勉強や新プロジェクトといったお話が続々。


そして、ルースさんの演奏は、年齢云々の上げ底抜きで、

素人の私にも、ホントに力強く素晴らしく、

最後の数曲は、譜面をぱたんと閉じての演奏。

鳥肌がたちました。

 

この会は、岡山&ショッピングセンターつながりの方が多かったのですが、

その後、以前の仕事の同期のお店の10周年記念パーティーに顔出したら、

これまた岡山出身の先輩と数十年ぶりに再会。

皆変わらないー。

やっぱり人生100年。

自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:17人、、スマイル、座ってる(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、群衆、室内
画像に含まれている可能性があるもの:食べ物
 
 
 

【おっぱい百話】おっぱいと旅行

モーハウスでは、青山・つくばとも、子連れで働くスタッフがたくさんいます。
(ちなみに、スタッフ募集中だそうです)
このスタッフたちに共通するのは、子連れ旅行が得意、ということ。
 
あるスタッフは
「生後2か月までは家に引きこもってたんですが、子連れで働き始めたら
出かけるのがうまくなって、調子に乗って昨日までグアムに行ってました」。
ちなみに、6か月だそうです。
 
ララガーデンショップの店長に、子連れ旅行のコツを聞いてみました。
 
Q.どこのベビーカーがおすすめ?
A.ベビーカーはその分荷物が増えるので、抱っこひもを使いますね。
ぴったり体がくっついてると、子どもも落ち着いて、ぐずることが少ないです。
 
Q.持っていくものを教えて。
A.おむつとウエットティッシュとビニール袋と着替えと・・。それくらいかな?
絶対欠かせないのは授乳服。シワにならない軽いので。
 
G.電車や飛行機で、赤ちゃんを泣き止ませるのに役立つものは?
A.おっぱいしか思いつかないですね。おもちゃや絵本はあってもいいけど。
授乳服でだいたい足りますよね。
 
Q.授乳服の宣伝みたいになるから、他のものも教えて!
A.えーー・・・、思いつかないなあ。
ipadとか、タブレットで動画を見せるとか?
 
Q.なるほど、でも携帯見せるのは、最後の手段だから、あまり長くは使わせたくないよね。
他には?
A.あ、だっこできるように、バッグはリュックタイプを使うといいですね。
 
Q.ありがとう!
 
ぜひご参考に!良いゴールデンウィークをお過ごしください!