養老天命反転地と鵜飼

明日も岐阜で講演なので、今日は岐阜の行きたかった所を訪ねる一日。

考えてみると、岐阜にはいろんなご縁が。

 

モーハウスを始めるきっかけになった、中央線事件。

電車の中で、生後間もない我が子が泣きだして、授乳した事件ですが、

あの時訪ねて行った先は、岐阜出身の大学同級生でした。

そして、天命反転地は、実は、私の家と一緒に、美術の教科書に載っていた荒川修作さんの作品。

意識をどんどん覆していくような不思議なテーマパーク。

一緒に載っているのが、とても嬉しかったものです。

 

暑いので、鍾乳洞に行こうと、郡上まで車で走り、大滝鍾乳洞へ。

なんと、木のトロッコで洞窟の入口へ。

セットの縄文鍾乳洞のミステリーツアーも堪能。

 

今回は、一度見てみたかった鵜飼も体験。

ここ長良川も、先日の豪雨の被害で、長く鵜飼を中止、

昨日ようやく再開したばかりだそう。

そして、この一生懸命鮎を取っている鵜は、なんと茨城の日立、鵜の岬から来ているそうです。

いろんなご縁がたくさん・・