倉敷市ほか、授乳服&助産院ステイ応援プロジェクト、ありがとうございました

たくさんの方にご協力いただき、被災地の母子を助産院で受け入れ、
その後も少しでも環境を整えられるよう授乳服をお渡しするプロジェクト、
100%充足しました!
ありがとうございます!
 
画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、テキスト
 
自動代替テキストはありません。

ご支援下さった皆様からのメッセージ、被災地から離れていてもつながりを感じます。

「この頃1歳になった息子に授乳をしながら、被災地の赤ちゃんやご家族はどう過ごしているんだろうと考えています。必要なサポートが受けられ、早く落ち着いて生活できるよう、お祈りしています」
「私自身も7/7に女児を出産し、授乳の毎日です。被災された方の救いになれば、と思い少しで恐縮ですが寄付させていただきます」・・・

先ほど、岡山県助産師会の先生方にもご連絡を差し上げました。
今日も助産院に問い合わせがありました、とてもありがたいと感謝されていました、と。

いったんこちらのプロジェクトは充足しましたが、
さらにありがたいことに、個別に寄付を募っていただいた方々からも
お申し出をいただいています。
助産師会や事務局と相談の上、その分、岡山県外も含め、
お母さんたちへの支援数を増やす予定です。(お問い合わせください)

一人でも多くのお母さんに、赤ちゃんに届きますように。
https://smart-supply.org/#/oma-project/5b4ad94a27b5a7000505b87d