感染でも母乳養育を推奨ーWHO

THIS.KIJI.IS
 

【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は12日の記者会見で、

母親が新型コロナウイルスに感染した場合でも、乳児に母乳を与え続けることに

問題はないとの見解を示した。母親が重症でない限りは乳児から引き離すのではなく、

授乳を継続することをWHOとして推奨した。

 テドロス氏は「これまでに判明している根拠によると、新型コロナ感染の危険性よりも、授乳の利点のほうが勝っている」と強調。子供は新型コロナに感染した場合でも、重症化する危険性が低いと指摘した上で、乳児が母乳で育つことで防ぐことができる疾病は多いとした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)