新幹線と赤ちゃん

帰省・・というより、講演のため、お盆に倉敷へ。 岡山までの新幹線は満席です。     よく見ると何人も赤ちゃんがいたのに、だいぶ経ってから気が付きました。 でも、ほとんど泣き声はしません。 狭いから、皆抱っこしてる。そのせいなんだろうなあ。   途中、大阪からお隣に4ヶ月の赤ちゃんがやって来ました。 で、うちの娘が、赤ちゃんをお借りして、岡山まで抱っこの図! スクリーンショット 2014-08-18 8.01.10 私は、実は、どんどんお母さんに声をかけるタイプではないし、 声をかけるタイミングを計るのも苦手なんです。 でも、赤ちゃんが人なつっこく、ずーっとこちらを見てるので、 そんな私たちも、つい声をかけてしまったんですね。   赤ちゃんも、人見知り全くなく、最初から抱っこウェルカムモード。 聞けば、ご家族がなんと9人。 いろんな人に抱っこされてるからかなー、と、若いお母さん。   一人目の赤ちゃんだそうですが、ママのみで軽々移動。他人の助けをいっぱい借りてます、とのこと。   さて、その数日後、倉敷の観光案内所から電話が。 新幹線でお会いした親子が、お世話になったお礼を言いたいと、倉敷の観光案内所に連絡下さった模様。 (そういえば、倉敷はまだ二度目とのことなので、割引券付きの観光特使の名刺を差し上げたのでした。 そこに光畑の名前が書いてあったので、問い合わせて下さったんですね) スクリーンショット 2014-08-18 10.06.49 わざわざ、お礼に訪ねて下さるなんて! 娘は「可愛くて抱っこしたいからずーっと抱っこしてただけなのにね」と言ってましたが、 これでさらに気を良くして、またこういう赤ちゃんがいたら抱っこするでしょうね。   こうして、コミュニケーションのキャッチボールをすることで 赤ちゃんもお母さんも、それを受け入れる方も、居心地がいい社会になるんでしょうね。 娘も、味をしめて、また赤ちゃん連れに声をかけちゃうと思います。

One thought on “新幹線と赤ちゃん

  1. 新幹線の中で号泣している赤ちゃんがいると、いたたまれなくなることもありますが、そうか、抱っこしてあげればいいんだ!!

    シンプルに、それだけのことなんだな。

    もし人見知りで余計に泣いちゃったら、そのときはその時。お母さんにお返しすれば良いだけかも。

    いろいろ難しく考え過ぎてしまって、助力を申し出ることもなくなっていましたが、やってみれば良いだけのことかもしれないですね。

    助け、助けられる世の中への第一歩かも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)