鍾乳洞のおっぱい

昨日は、講演でお声掛けいただいた岩手で、被災地を訪ねる途上に滝観洞に行ってみることに。 なんと私+超お忙しい産婦人科医二人、という組合わせが成せる妙なのか、 本当にたまたま!なのですが、滝観洞祭が開かれていて、到着した瞬間に火縄銃演技が始まりました。 IMG_2110 スクリーンショット 2014-10-06 7.34.52スクリーンショット 2014-10-06 7.35.11 さらに、終了後10分で、SLまで通過。手を振って、気分良く洞窟へ…。   ヘルメットと長靴、ジャンパーを借りて入らなくてはならない洞窟。 「観光じゃなく、冒険ですからね」と念を押されて入洞。 スクリーンショット 2014-10-06 7.44.58 這うようにしゃがみながら進まねばならない、アドベンチャー感覚あふれる鍾乳洞。 映画「八つ墓村」のロケにも使われたそうです。 奥には29mの高さの滝と地底湖もあり、神秘的。 小さい子も来ていましたが、抱っこではちょっと無理ですねー。   さて、おっぱいですが。 IMG_2120 IMG_2121 「乳房の岩」   当然、写真を撮りまくる3人(商売柄)。 これが自然の造形なんですね。某助産師さん曰く、産後のおっぱいのようだとか。 説明では、フローストーンなるものが発達した結果だそうで、丸みが母を連想させるとありますが 本当におっぱいそのものに見えます。   そういえば、奥にある滝も、女滝、男滝とありました。 赤ちゃん連れの方、少し大きくなったらぜひ探検にいらしてみてください。 (どういう意味かわかりませんが、日本一お得な鍾乳洞だそうです。 手軽に行ける割に秘境感があふれる、ということでは、というのが私の解釈)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)