【おっぱい百話】 ~ 災害をきっかけに気が付いた3つのこと~

今回、避難所に授乳服をお送りする活動を、

たまたま、新聞やテレビなど、いくつかのメディアにご紹介いただきました。

取材を受けるたび、なぜ被災地に授乳服なのか、ということを質問されて
改めて気が付かされたことが3つあります。

ひとつは、声を挙げられない人たち(ここでは母乳育児中のお母さん)を
気が付く人が助けていこう、ということ。

 

食べ物、水、粉ミルクの不足などは、当然ながら優先されますし

足りなければ、支援の依頼もしやすいものです。

しかし、プライバシーの問題のような、QOLに関わることは、特に当事者は

声をあげづらいもの。

今回は、授乳ということで支援をしていますが、他にもこうした隠れた

問題はたくさんあるはずです。

 

ふたつめは、母乳育児は防災活動であること。


母親がいれば与えることができる母乳はある意味非常食です。
また一人の母親が、避難所で母乳を継続できれば
貴重な水や粉ミルクは他の赤ちゃんにまわすことができます。

3つめは、子連れのお出かけ自体が防災になるかもしれない、ということ。


公共の場に子連れで出るのは、最初は勇気がいるものですが、
非常時に備えて抱っこひもや授乳グッズを備蓄するよりは、
普段からそれらを使っている方が備えになるのではと、ある方に言われました。


このことは、孤独な子育てに悩む女性たちが、社会とつながることで楽になる
一つのきっかけになるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)