「そなえる」とおっぱい

前回ご紹介した、公益財団法人日本デザイン振興会主催の「そなえるデザイン」展。
青山ショップから徒歩3分のヒカリエの8Fで開催されました。
gsona2
避難所の実物大の模型が出現し、災害を発生から復興まで、
どうデザインで備えるか、を発信する取組みでした。
その展示を見に行った青山ショップの店長からのこの写真にはびっくり!

gsona1

子連れで展示会に挨拶しに訪れた青山ショップ店長。
実際の避難所の模型に入り込んだ子どもを何気に写真に収めたのですが
あまりにもリアル過ぎるショットが撮れたとの報告が。

避難所で、普段見慣れない大きな懐中電灯をいたずらする子。
その奥には、普段は生徒たちの活動の場だった体育館が広がります。
まさにそこにいるようで、ぞっとしたそうです。

いつ、どこで災害は発生するかわからないものです。
普段の備えの大切さ、しみじみ感じたそうです。

モーハウスのネパール震災復興支援プロジェクトも
「復興」のデザインとして紹介されました。
gsona
自分さえいれば、この子の授乳はできる!という服。
その日も店長はもちろん授乳服を着用していきました。

 

image2-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)